« Googleの検索での行動分析型ターゲティング | Main | YouTube、アフィリエート収益、プロダクトプレースメントを検討中 »

2008.06.27

企業サイトが死につつある

 インタラクティブエージェンシーAvenue A/Razorfishのニュースレターにこのようなタイトルが出ていて思わず読まされてしまったが、企業の評価はその企業のサイトで見ることはなく、他のソーシャルメディアサイトで他の消費者の意見を聞くためだという。企業サイトを救うためにも、消費者の声が反映されるソーシャル要素をサイトに取りいれる必要があり、そのステップを4つあげている。

  1. 分散型マーケティングの活用
  2. ニッチにしぼってインフルエンサーに影響を与える
  3. 消費者の意見を混ぜる
  4. 他の消費者がそれらの意見に対して、自分たちの意見を言う場を作る

ソース:Avenue A/Razorfish:How to Save Your Corporate Web site through Social Influence Marketing?  (PDFが開きます)

June 27, 2008 in Online | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00e55376d6818833

Listed below are links to weblogs that reference 企業サイトが死につつある:

Comments