« 調査:年齢の高いDVRユーザーの方がCMをスキップする | Main | マイクロソフトのソーシャルビデオ戦略「MessengerTV」 »

2008.05.12

Engagment Mappingケーススタディ::検索広告の貢献は60%低く、バナー広告の33%高い

emapping.jpg

 マイクロソフト傘下の広告配信サービスAtlasは、オンライン広告のどれぐらいの頻度で出されたか、どれぐらい最近か、サイズやリッチメディアであるかどうかなどで、コンバージョンに対する貢献度を測るEngagement Mappingを発表しているが、そのケーススタディが公開された。携帯サービスAlltelのキャンペーン事例では、従来の調査の仕方に比べると、トップ3のサイトでの検索広告が60%低くコンバージョンに貢献し、トップ4のサイトでのバナー広告が33%高くコンバージョンに貢献したことがわかったという。

ソース:ClickZ: How One Advertiser Uses Microsoft Engagement Mapping

May 12, 2008 in Online | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00e5523677738834

Listed below are links to weblogs that reference Engagment Mappingケーススタディ::検索広告の貢献は60%低く、バナー広告の33%高い:

Comments