« リアルの7 ElevenがThe Simpsonsの架空のコンビニに | Main | イギリスでFacebook、Beboが躍進 »

2007.07.03

今日の解説:Google医療業界広告ブログが炎上

 Googleとは別に先週、マイクロソフトのブログキャンペーンが炎上した。詳しくはPolar Bear Blog「広告の境界線」に日本語で要点がまとめられているのでそちらを参考にしていただきたい。
 個人的にはブログネットワークGawker Mediaが、競合にあたるFederated Mediaを叩いてトラフィックを増やしているというように見えるのだが、Agile Media Networkも事業モデルを参考にしているFederated Mediaで企画されたものなので、その後の対応がどうなっているのかを見ているところだ。Googleのケースもマイクロソフトのケースも対応が早く、その後、大きな問題には広がっていないようだ。
 いずれにせよ、ブロガーの公開する意見とそのブロガーが得る利益との関係についてがこのどちらのケースでも問題になっている。利益を得ることで不公平な意見になっているのではないかというものだ。当り前のことだが情報公開していくことが必要で、Federated Mediaでは以前からブロガーの情報公開についてのガイドラインを作り始めており、その公開が早まるようなことも聞かれる。
 ということで、かなりAgile Media Networkのことについて書いているのでもうお気づきだろうが、一応、情報公開ということで、Ad Innovator編集長の織田浩一はAgile Media Networkの社外取締役です。

Google医療業界広告ブログが炎上

July 3, 2007 in Analysis | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00e008d185a28834

Listed below are links to weblogs that reference 今日の解説:Google医療業界広告ブログが炎上:

Comments