« Fiat地下鉄 | Main | WPP、24/7 Real Mediaを6億4900万ドルで買収 »

2007.05.16

今日の解説:Googleに取り替わるモデル?媒体に100%の収益を渡すオープンソース広告ネットワークコンセプト

 ソフトウェア業界で90年代にマイクロソフトには全く隙もないかと思われたのがオープンソースソフトの発展で状況が変わったように、Googleの今の強さもオープンソース広告ネットワークによって変わるのでは、というのがそもそものアイデアのようだ。僕自身はGoogleの自社サイト(つまりほとんど検索)の方にオープンソースの流れが来て、WikipediaからWikiaが出てきたようにオープンソース検索エンジンの商用のものがでてくるのではないかと考えていたが、AdSenseに対抗する形でオープンソースサービスを提供することを考えたところが面白い。
 100%広告費を媒体社に渡すということは収益が広告の売買からは0であるが、IBMがオープンソースソフトを使ってクライアント企業に様々なサポートや開発のサービスを行って収益を得ているように、広告ネットワークの回りに付加価値サービスをつけることで収益を上げるモデルにならなければならない。
 自分のビジネスを見ても思うが、基本的にある市場に新規参入するには既存のモデルとは違うビジネスモデルで市場のルールを変えなければならず、オープンソースは今様々な分野でそれを行っていると言えるだろう。

Googleに取り替わるモデル?媒体に100%の収益を渡すオープンソース広告ネットワークコンセプト

May 16, 2007 in Analysis | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00d8351b9bfe53ef

Listed below are links to weblogs that reference 今日の解説:Googleに取り替わるモデル?媒体に100%の収益を渡すオープンソース広告ネットワークコンセプト:

Comments