« テレビ局のゲリラマーケティングがテロの爆弾と間違えられる | Main | 日経BP Webマーケティングの近未来 ビデオの時代(最終回) あがっています。 »

2007.02.01

今日の解説:Web2.0企業がYouTubeでスーパーボウルチャンネルを公開

 今年のスーパーボウルは30秒スポットが高いものでは1本260万ドルで、9000万人以上が見ると予想されている。もちろん、アメリカで最もリーチが稼げるコンテンツといえるがそれだけの金額の出せる、あるいはリーチを必要とする企業はさほど多くない。
 Google AdSenseが中小企業にオンライン広告への窓口になったように、YouTubeなどが今回のWeb2.0企業のように今までテレビCMやビデオの制作などに全く縁の無かった企業にその機会を与えることになるのではないだろうか。結果的に、これらのメディアは広告市場を大きくしていくことにつながるのだろう。

February 1, 2007 in Analysis | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00d8353da23c53ef

Listed below are links to weblogs that reference 今日の解説:Web2.0企業がYouTubeでスーパーボウルチャンネルを公開:

Comments