« 今日の解説:パッケージメディアvs対話メディア | Main | ソーシャルメディアの終わり »

2006.12.19

英PwC:構造的なテレビ広告の問題で最高30%の予算が他にシフト

 イギリスのテレビ局iTV1の広告収入が対前年13%の減少になることが予想されているが、これが景気の循環によるものか、構造的なものかの議論がイギリスで起こっている。会計会社PricewaterhouseCoopersは、これはデジタルメディアなどに広告費がシフトしているという構造的なもので、最高30%の予算がシフトしていくというレポートを公開している。

ソース:MediaCuradian: Structural shift in TV ad market

December 19, 2006 in Television | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00d8356ffd4769e2

Listed below are links to weblogs that reference 英PwC:構造的なテレビ広告の問題で最高30%の予算が他にシフト:

Comments