« 英PwC:構造的なテレビ広告の問題で最高30%の予算が他にシフト | Main | 米広告主協会:2007年マーケティングが変革する10の理由 »

2006.12.19

ソーシャルメディアの終わり

 PRブログMicroPersuasionを主宰し、PR会社EdelmanのMe2Revolutionチームを率いるSteve Rubel氏が、ソーシャルメディアが単体で存在する時代は終わり、すべてのメディアがソーシャルメディアになっていくという主張をコラムの中で行っている。2006年、マスメディア会社もかなりソーシャルメディア的な要素を取り入れ、自分たちの視聴者・読者との対話を行ってきており、メディア環境はプロスポーツのように、予算もあり影響力も強いメジャーリーグと、まだ芽が出ていないがメジャーリーグ入りを狙うようなマイナーリーグという感じになっただけだとしている。

ソース:AdAge: Why All Media Are Social Media

December 19, 2006 in Industry | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00d8356ffe5469e2

Listed below are links to weblogs that reference ソーシャルメディアの終わり:

Comments