« Let the Beast Go | Main | 企業の広告費がブログへシフト »

2005.11.23

今日の解説:調査:広告主と広告代理店の関係には問題が

 アメリカのCEOの平均の任期が36ヶ月であるのに対して、CMO(チーフマーケティングオフィサー)の任期は24ヶ月であるという。現在ではマーケティングROIをきちんと示すことができないとクビがすぐに飛んでしまうと言うことがあり、エージェンシーレビューが頻発している背景にはそういった事情がある。広告主と広告代理店の関係が悪くなるのも理解できる。さらに、広告代理店が合併するので、自分の競合を広告代理店のグループ会社で扱われていると、気になる部分もあるだろう。また、逆に広告主と競合が合併して、広告主の扱いをなくすと言うケースもある。いずれにせよ、関係をきちんとつくるより先に環境が激変してしまうので、それに対応していくことにエネルギーを費やすということが多いように思える。中堅の代理店で、もう十分仕事があるので、競合コンペには参加しないという風にAdvertsing Weekで話していたところがあった。そういう立場にならないと、関係はきちんと構築できないような感じがする。

November 23, 2005 in Analysis | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00d8349798d769e2

Listed below are links to weblogs that reference 今日の解説:調査:広告主と広告代理店の関係には問題が:

Comments

タイトーのバイラルCMができましたねぇ~
http://www.exitmovie.net/
あんまり過激じゃないけど、日本人うけしそうです。

Posted by: サポニン | Nov 26, 2005 8:57:26 AM