« DVDマガジンをAmazonのシッピングボックスの中に | Main | Overture、RSS広告を予定 »

2004.10.07

今日の解説:P2Pを使った映画のダウンロードサービス:NetCableTV

 昨日、初めてBitTorrentのクライアントを入れて、コンテンツのダウンロードを試してみた。元々、Linuxを効率よく配布するために作られたP2Pシステムだという。結論的には、ケーブルの1.5Mbpsのスピードで18MBのファイルを10分ほどかけて
ダウンロードしたので、どこかのサイトからダウンロードするのに比べて特にものすごく早いという感じがしたわけではないが、Kazaaなどを使った感じからすると、ずっと早く感じる。
 ご存知のとおり、今までのTVなどの広告ビジネスモデルは、予算のほどんどを媒体費につかい、制作費はそれこそ予算の何分の一、何十分の一という感じだった。このようなP2Pテクノロジーが出てきて、、この媒体費が基本的にただになる。コンテンツ配信のコストが必要なくなるからだ。これにより広告ビジネスのモデルは間違いなく変わっていく。クリエイティブ系代理店が活躍する時代がやってくるのだろうか。

October 7, 2004 in Analysis | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00d8342160d953ef

Listed below are links to weblogs that reference 今日の解説:P2Pを使った映画のダウンロードサービス:NetCableTV:

» [メディア]ハードディスクビデオと電通の未来 を読んで from ニュースコミュニティ - FPN
isologue −by 磯崎哲也事務所: ハードディスクビデオと電通の未来を読んで。  磯崎哲也事務所の磯崎さんは、リアルタイムでテレビをほとんど見ていないそうです。  何でも、CoCoon��... [Read More]

Tracked on Oct 12, 2004 3:51:02 PM

Comments