« January 2014 | Main | September 2014 »

2014.03.26

今度はインターネットウィークNYCに行きます。米国インターネット広告視察。

 第14回 米国インターネット広告市場視察は、5月のNYでのインターネットウィーク(5/19-23)に合わせて行います。今までad:techを中心に行ってきましたが、他の専門カンファレンスなどを見たいという意見も多く、このタイミングで実施することにしました。
 インターネットウィーク自体は、ネット・モバイル・スタートアップ、マーケティング・広告関連の多数のイベントがあちこちで実施される一週間です。この視察では、AdAgeやAdweekなどと同様の業界誌Mediapostが主催するオンラインマーケティングカンファレンスOMMAのOMMA Native、OMMA Social、OMMA Mobile、OMMA Videoという分野に特化したカンファレンスのキーノートにチャットによる通訳をつけそれぞれ出て、それぞれの分野での最新の米国状況を理解したのち、10社のアドテク、ロケーション、エージェンシートレーディングデスク、データ分析、ビデオ企業、デジタルエージェンシーなどの企業訪問(下記にリストあり)を日本語通訳と私が同行しながら行うというものになります。
 テーマは、すでにマーケティングは広告だけでは語れなくなっている現状をまとめて、「リアルタイムマーケティングの現在 ~プログラマティック、ソーシャル、モバイル、ロケーション、オムニチャネルがもたらすマーケティング~」 。視察のはじめに、米国の現状をまとめたセミナーを行い、事前理解を高めた上で、カンファレンス・企業訪問を行います。
 すでにインターネット広告推進協議会(JIAA)から連絡を受け取っている方も多いと思いますが 、この視察はJIAAのメンバーでなくても参加出来ます。
 ご興味のある方は JTB白井さん、石合さんにお問い合わせください。下記に、今回の視察の内容、JTB連絡先、詳細資料へのリンク、訪問企業候補を含めておきます。

   織田

■ 旅行期間 :2014 年 5 月 18 日(日)~ 5 月 24 日(土)<5 泊 7 日>

■ 訪問都市 :ニューヨーク

■ 募集人員 :25 名様

■ 最少催行人員:15 名様(この人数に達しない場合、当該ツアーの催行を中止する場合がございます。)

■ 申込締切 :2014 年 4 月 2 日(水)

-お問い合わせ・お申込みは- 株式会社JTBコーポレートセールス 本社営業部 第八事業部 営業第一課 〒163-1066 東京都新宿区西新宿 3-7-1 新宿パークタワー27F 電話:03-5909-8114 FAX:03-5909-8139 E-MAIL:y_shirai255@bwt.jtb.jp 担当:白井(シライ)・石合(イシアイ)/ 総合旅行業務取扱管理者:小林 正樹 [営業時間]午前 9 時 30 分から午後 5 時 30 分(土曜・日曜・祝日休業)
▽第14回 米国インターネット広告市場視察 詳細について
 http://www.jiaa.org/contents/seminar/14th_recruit.html

<訪問企業候補>
 
●Foursquare: モバイル・ローカル 
ロケーションでのチェックインを中心としたソーシャルネットワークである Foursquare も、今はマーケ
ティングプラットフォームとして、企業をサポートしている。その現状を聞く。
●Huge:デジタルエージェンシー 
最も成長率の高いデジタルエージェンシーとして AdAge 誌に選ばれた Huge。現在はインターパブリック
グループ傘下で、Gucci、Audi、Under Armour、Google の業務などを行っている。 
●Meredith Xcelerated Marketing:エージェンシー
コンテンツマーケティングの時代において、雑誌社 Meredith 傘下のエージェンシーとしてコンテンツマーケティング、モバイル・ソーシャルメディアマーケティング、SEO などの業務を行っている。  

●PlaceIQ:ロケーション
ロケーションデータ提供企業として、パッケージグッズ、自動車、エンターテイメント、家電業界やエージェンシーへ、消費者のロケーションデータを提供している。自動車ディーラーへの来客を 2.5 倍増やすなど効果をあげている。  

●DoubleVerify:広告認証テクノロジー
アドエクスチェンジやアドネットワークを介した広告売買が広がっていく中で、想定している媒体とは別のサイトへの広告露出、トラフィック詐欺、マルウェア、ターゲットとは違う層への広告露出など、企業ブランドを守る必要のある状況が生まれている。そのサービスを提供するの DoubleVerify である。  

●Varick Media Management:エージェンシートレーディングデスク
業界 9 位のエージェンシーホールディング会社 MDC Partners はクリエイティブエージェンシーを多数抱えるグループであるが、メディアの取り扱いはグループ内のトレーディングデスク Varick Media Management が行っている。マルチチャネルに対応し、ディスプレー広告からラジオまでを対応しているという。  

●TripleLift:ネイティブ
ネイティブ広告は話題になっているが、媒体毎でなかなかリーチが大きくならないのが課題であった。TripleLift は、それを解決するアドネットワークで、Puma、Oakley、Philips、GAP などにすでに使われている。

●Vevo:音楽ビデオサイト
世界最大のミュージックビデオサイトとして、北米・ヨーロッパをカバーし、タブレット、スマート TVなどを含めたマルチチャネルで毎月 50 億の視聴を誇っている。視聴者に対して非常に感情的な体験の場で、広告の機会を提供している。  

●Shareablee:ソーシャル解析ツール
ソーシャルメディアでのインフルエンサー分析、競合分析、コンテンツの文脈分析などを行い、投資対効果を計測する分析プラットフォーム。すでに Comcast、Bloomberg、Time などに使われている。

●Dunnhumby:消費者購買データ分析
英国の大手小売チェーン Tesco のロイヤリティカード分析から始まり、欧米の大手小売チェーンでの消費者分析を手がけるグローバル企業に成長している。顧客理解を小売、メーカーのために提供するのがデータ分析の手法を学ぶ。
(これはあくまで候補で保証ではありません。交渉の上、アレンジしてまいりますので代替企業の訪問と
なる場合がございます。予め御了承願います。) 

March 26, 2014 | Permalink | Comments (0)