« January 2013 | Main | August 2013 »

2013.02.06

シリコンバレーとシアトルの新規企業・Amazonなどを訪問するJIAAの米国西海岸インターネット広告視察募集開始

 いよいよ4月の西海岸版が、通常プログラムとなり、シリコンバレーとシアトルで11社を訪問し、ad:tech SFにも一日半行く視察ツアーとなりました。
 今回は「マーケティングビッグデータ : エクスチェンジ、Eコマース、ソーシャル、モバイルが作り出すターゲティングデータと投資対効果分析」を視察のテーマにし、 マーケティング・広告・メディア各分野でのビッグデータがどのように使われているか、ビッグデータの主要プレーヤーにはどのような企業があるのかをセミナーで学び、実際にビッグデータをデジタルマーケティングや広告収益の最大化に使っている企業を訪問し、それぞれの企業がどのような業務を行い、それぞれの業務にどのようにデータ利用がされいるかを尋ねます。下記に今回の訪問企業の候補をリストしておきます。
 今回の企業訪問では、シリコンバレーに加えてシアトル企業を訪問します。シリコンバレーやNYはこれまでも注目されて来た都市ではありますが、実は米国は様々な都市にスタートアップ企業のためのインキュベーターやVCが揃い、起業家たちが新しいサービスやテクノロジーを次々と生み出しています。シアトルも全米のVC投資で5位に入る街で、マイクロソフトやAmazonに引き続いて、次々にネット・モバイル企業が生まれていますが、その中でモバイルロケーションデータ関連の企業に焦点を当てます。シリコンバレーでも、ソーシャルデータ解析、DMP、媒体データ解析、そしてデータをクリエイティブにどのように使っているかなどを尋ねられるような企業を訪問します。企業訪問では、日本語同時通訳が付くと共に、私も同行し米国での業界の現状や背景などの解説を付けて行きます。また訪問企業資料を事前に用意しますので、視察から戻って会社内に報告業務などに利用出来ます。
 ad:tech SFでは3つのキーノート講演にて、同時通訳のチャットルームを用意する他、 これらのキーノート講演についての報告書を後日お送りします。また、キーノート講演後に企業展示ブースで企業を3社ほど同時通訳を付けて周り、その後はその通訳と企業ブースを自由にまわって頂き、新たな企業を発見して頂ければと思います。
 充実した西海岸版のインターネット広告視察、ぜひご参加ください。詳細な日程などについてのPDFはこちらになります。下記のJTBコーポレートセールスの白井さん、深澤さんにご連絡頂ければと思います。

 

■旅行期間 :2013 年 4 月 7 日(日)~4 月 14 日(日)<6 泊 8 日>

■訪問都市 :サンフランシスコ、シアトル

■募集人員 :25 名

■申込締切 :2013 年 2 月 20 日(水)

-お問い合わせ・お申込みは-

株式会社JTBコーポレートセールス 本社営業部 第八事業部 営業一課

〒163-1066 東京都新宿区西新宿 3-7-1 新宿パークタワー27F

電話:03-5909-8114 FAX:03-5909-8139 E-MAIL: y_shirai255@bwt.jtb.jp

担当:白井(シライ)・深澤(フカザワ)/ 総合旅行業務取扱管理者:小野寺 俊明

●訪問企業候補

【シリコンバレー】

- Pinterest

第3のソーシャルネットワークとして急成長中。大手企業はソーシャルメディアマーケティング戦略に

Pinterestを含めており、 写真による商品のバイラル露出をどのように行うかをテストしている。

- Quantcast

オーディエンス分析プラットフォーム。ABC、Fox、MTV、LinkedInなど大手媒体を含めた1億以上のサイトが利用する、購買側ではトップ10 のメディアエージェンシーがすべて利用している。詳細なオーディエンス構成などを知ることができる分析プラットフォーム。

- Kiip

モバイルゲームリワード型広告ネットワーク。モバイルゲームで、何かの段階を達成したときに、達成の報償として広告主から提供される割引やバーチャルグッズなどを含めた広告。ウォルトディズニー、マクドナルド、P&Gなどが既に広告を行っている。

- nPario

WPPとも戦略的提携関係にあるDMP(データ管理プラットフォーム)。EAのゲームプラットフォームでの広告プレースメントのためのインサイトを調べるプラットフォームとしてモバイル、ソーシャル、オンライン、コンソールゲームの世界3億人のユーザーの行動を分析している。

- Pereira & O'Dell

AdAge紙などで非常に評価の高いクリエイティブエージェンシー。AKQAから独立した2人が作ったグローバルエージェンシー。小さな規模のエージェンシーでありながら、インテル、Corona、Lego、Fiatなどの業務を担当。

- Nexage

米最大の独立系モバイル広告エクスチェンジ。広告販売側の300以上の媒体、アプリ開発者と、購買側の200以上のDSP、アドネットワークなどのため に、リアルタイムでモバイル広告の購買を可能にしている。

- GraphEffect

今や Facebook、Twitter などでのソーシャルメディアマーケティングでは、企業ファンページの Owned、Earned と ソーシャル広告の Paid を組み合わせて最大の効果を上げることが当たり前になった。GraphEffect は、両方を管理できるツールで Walmart、Canon、Toyota、Visa などに使われている。

- DoubleDutch

Dell, Cisco, 3Mなども使うモバイルCRM構築ツール。イベントや企業のグループなどで参加者や顧客などとの関係構築に利用でき、既存のCRMツールと統合して顧客データの統合を図る。

【シアトル】

- Amazon

Eコマースの最大手であるが、近年ではユーザーの購買履歴データやKindleでの行動データを使ったアドネットワークを展開。ネット広告企業 の最大手になる可能性が業界で話題になっている。日本でもこれから展開されると考えられており、いち早く彼らの広告メニューを学ぶ。

‐Placed

ユーザーがどこにいてどのように移動しているかで、何を意図しているかを分析する、ロケーション分析企業。特定の市場で、いつ、どのようなことを行っているかなどのデータを使い、次の行動を予測することが出来るデータを提供している。

- Glympse

友達がアプリのダウンロードをしていなくても自分のロケーションを共有できるサービス。モバイル SNS、Ford・ベンツでの車載、パイオニア・Germin のナビゲーション、ロケーションベースのキャンペーン利用など様々な利用が可能

*ただし、上記のリストは必ずこれらの企業を訪問することを約束するものではありません。

February 6, 2013 in Announcement | Permalink | Comments (0)