« August 2010 | Main | January 2011 »

2010.09.27

アメリカ・ヨーロッパの新ディスプレー広告プレーヤーマップ

LUMA-Display-Ad-Tech-Landscape-for-AdExchanger.jpg

Europe-DisplayAdEcosystem2010.gif

 9月頭の日本出張以来、調査業務が多数入っていてなかなか更新できていませんが、その理由のひとつがこれらのアメリカ・ヨーロッパのディスプレー広告プレーヤーについての個別の問い合わせが増えていることです。アメリカのものも、5月に公開されたものから、少しアップデートされています。

ソース;Luma Partners
     Improve Digital

September 27, 2010 in Online | Permalink | Comments (1) | TrackBack

2010.09.12

[お知らせ]本場、世界最大のad:tech NYイベントと先進ネット企業8社を回るツアー締め切り迫る

JIAALogo.png

 世界最大のad:tech NYのキーノートなどを見ながら、ad:tech展示企業を回り、またNYで先進ネット企業6社を通訳付きで回る、インターネット広告推進協議会(JIAA)企画協力の「米国インターネット広告市場視察団」が今年、第10回目を迎え、11月第一週に4泊6日の予定で行われます。
 今年のツアーテーマは、「リアルタイムマーケティングの時代」。そのテーマにふさわしく、ad:tech NYのキーノートセッションでは、参加者限定のTwitterアカウントでリアルタイムに日本語で内容をお伝えし、さらに、現在リアルタイム広告売買が進みつつあるアメリカでの先進企業を訪問します。訪問企業候補では、Demand-Side Platformでリアルタイム広告売買サービスを提供するAppNexus、ロケーションベースSNS、Foursquare、拡張現実(AR)技術会社Acrossair、リアルタイムでサイト訪問者の価値評価を行うProclivityなどの他、現在アメリカで注目されているデジタルクリエイティブブティックFirstborn、iPadアプリに力を入れるウォールストリートジャーナル、ソーシャルCRM・企業コミュニティサービスAffinitiveなどが挙がっています。
 このようなツアーに参加するとアメリカの現状が分からないので理解できないとか、帰ってからの会社内での報告業務が大変という話もありますが、このツアーでは、事前に僕の方で現状のアメリカのネット広告業界の現状を日本語で説明し(今年のセミナーの内容は「オンライン広告エコシステムの大変化~リアルタイム時代の到来」です)、ad:techキーノートセッションのレポートを参加の皆さんにご提供し、訪問するad:tech展示企業、NYでの訪問企業については、各社のプロフィール、サービス内容、ケーススタディなどの日本語レポートを訪問前にお渡しします。また今までも参加者の皆さんが協力してレポートの補足などを行ってきています。
 企業訪問に通訳もついていて、僕も同行して各社の説明や質疑応答の時に背景を解説したり、日米での環境の違い、同じ所などを解説していくので、特に初めてこのような海外視察に参加されている方に好評です。
 締め切りが迫っておりますので、ご興味のある方は、すぐにJTB法人東京の担当 白井・深澤さんにご連絡ください。下記のツアーの概要とツアーのスケジュール、料金、予定などを含めたPDFの詳細資料へのリンク)を入れておきます。

■ 旅行期間 :2010 年11 月1 日(月)~11 月6 日(土)<4 泊6 日>
■ 訪問都市 :ニューヨーク
■ 募集人員 :30 名
■ 最少催行人員:15 名(この人数に達しない場合、当視察団の催行を中止する場合がございます。)
■ 添乗員:日本から全行程同行いたします。
■申込締切 :2010 年9 月下旬
企画協力: 一般社団法人 インターネット広告推進協議会(JIAA)
旅行企画・実施:株式会社JTB法人東京 観光庁長官登録旅行業1767 号/ (社) 日本旅行業協会正会員
本社営業部 第八事業部
電話:03-5909-8114 FAX:03-5909-8139 メール:y_shirai255@bwt.jtb.jp
担当:白井・深澤 / 総合旅行業務取扱管理者:山田 浩司

詳細資料(PDFが開きます)
http://www.digitalmediastrategies.com/JIAA/JiaaStudytour10Entry100910DMS.pdf

September 12, 2010 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack