« 雑誌社Hearst、デジタルエージェンシーiCrossingを3億2500万ドルで買収 | Main | 第一四半期の米広告費は5.1%の伸び »

2010.06.03

米大手広告会社のチーフクリエイティブオフィサー職がうまっていない

 WPP傘下のJWT、Ogilvy & Mather、Havas傘下のEuro RSCG、IPG傘下のDraftFCBなどでの年収100万ドルと言われる、チーフクリエイティブオフィサー職が埋まっていないという。広告業界の不況で採用に対して厳しい見方をしていた広告会社が多いことも理由の一つだが、デジタル化が進みGoogleやAppleなどが参入してきており、クリエイティブの意味が大きく変わっている中で採用が難しくなっているのが、主な理由のようだ。

ソース:WSJ: Help Wanted: Creative Types

June 3, 2010 in Industry | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef0133efd297d3970b

Listed below are links to weblogs that reference 米大手広告会社のチーフクリエイティブオフィサー職がうまっていない:

Comments

Post a comment