« 1000人のダンサーを起用したPalm Pre CM | Main | Draftfcb、リアルタイムマーケティング部門を設立 »

2009.06.07

[今日の解説]マイクロソフトの新しい検索エンジンBingは、もうYahoo!を超えた?あるいはGoogleから乗り換える人は55%?

 まもなくSMX AdvancedでのマイクロソフトのオンラインサービスのトップDr. Qi Lu氏の基調講演の記事が上がるはずなので、上がり次第お伝えする。その中で、Bingの新しい機能なども解説し、多少使って見たが、Googleの検索エンジンとは違うアプローチで情報を構成し、欲しい情報に速くアクセスできるようにしている。
 簡単に言うと、商品名などを検索したときに、その商品についてのレビューが知りたいのか、価格比較をしたいのか、機能を知りたいのか、という風に必要をしている情報へ枝分かれするようなナビゲーション機能を持たせ、検索者の意図を早い段階で理解する要素を含めている。検索結果も、Web Groupと彼らが読んでいるように、それらの分野に分けられている。
 Dr. Qi Lu氏に、このような検索エンジンにおける、検索エンジン対策(SEO)についての質問をしたが、明確な答えは得られなかった。おそらく、商品名や数少ないキーワードでのSEOでは、始めの数個の検索結果に入ることの重要度が著しく上がり逆に4位以下からの重要度が落ちていき、同時にSEO活動は、分化したキーワード群をターゲットとした活動になると考えている。
 今回のBingのアプローチと1億ドルとも言われるマーケティング予算で、Yahoo!の検索シェアを超えるのか、Googleはどう対応するのか、同様のフォーマットのものを用意するのか、あるいはパーソナル化の一つの要素として提供するのか、などが気になるところだが、SEO業界は新たな対応を迫られるということだろう。

マイクロソフトの新しい検索エンジンBingは、もうYahoo!を超えた?あるいはGoogleから乗り換える人は55%?

June 7, 2009 in Analysis | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef01156fda00db970c

Listed below are links to weblogs that reference [今日の解説]マイクロソフトの新しい検索エンジンBingは、もうYahoo!を超えた?あるいはGoogleから乗り換える人は55%?:

Comments