« [今日のおまけ2]SMXでのBingパーティのテーマ | Main | 広告市場は今年後半復活するのか »

2009.06.04

[今日の解説]ソーシャルニュースサイトDigg、ユーザーが投票できる広告Digg Adsを発表

 広告主のクリエイティビティ(広告素材のクリエイティビティだけではなく)に報いる広告メニューというのが、現在のソーシャル化したWebの中では必要とされてきていると考える。
 以前から、TV番組でもCM枠はある意味TV局がコントロールできるところではなく、ひどいTVスポットが流れてそのために視聴者がチャンネルを変えるなどしてもそれに対応するすべはなかった。CM視聴率を上げるCMには、スポット料金を安くしてもよいのではという議論などがカンファレンスで出てきたこともある。
 Googleの検索広告AdWordsはキーワードに対する入札制度であることは知られているが、どれだけ広告がクリックされるかも一つの指標として導入されており、それを反映してランキングが変わることはあまり認識されていない。広告コピーのクリエイティビティに報いるシステムになっているわけだ。
 このDigg Ads、バイラル、クチコミなどを含めて消費者と共同で広告自体をプロモーションする環境で、メディア・広告ネットワーク自体も、メニューの作り方、料金体系の作り方を考えなければならなくなっている。

ソーシャルニュースサイトDigg、ユーザーが投票できる広告Digg Adsを発表

June 4, 2009 in Analysis | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef011570bf8fb1970b

Listed below are links to weblogs that reference [今日の解説]ソーシャルニュースサイトDigg、ユーザーが投票できる広告Digg Adsを発表:

Comments