« Interpublicトップ「メディアサービスはコモディティ」 | Main | 米Yahoo!流、解雇の仕方 »

2008.12.10

Agency 2.0:どのように意味ある存在でありつづけるか

 Publicis GroupeのVivaKi VenturesのTime Hanlon氏が、iMedia Agency Summitで講演し、現在の広告会社は大きな変化の中にあるが、我々の行動を誰もが見ており、我々がその変化を起こさなければならない、と話した。その中で7つの新しいエージェンシーの形を示すものを上げた。

  • 情報開示
  • オープンプラットフォーム
  • 参入障壁を低める
  • 誰もが説明責任(Accountablity)を持つ
  • エージェンシーがブラックボックスである時代の終わり
  • メディアはすでに(独占的な)ミドルマンではない
  • 人々がコントロールを持つ(現行のビジネスモデルの考え方は終わり)

ソース:iMedia Connection:Agency 2.0: How to stay relevant

December 10, 2008 in Industry | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef0105365120e6970b

Listed below are links to weblogs that reference Agency 2.0:どのように意味ある存在でありつづけるか:

Comments