« BBDO Worldwide、50年近くのクライアントPepsiの北米での扱いを失う | Main | TiVo、詳細な視聴調査StopWatchを10万人の利用者に拡大 »

2008.11.18

広告のやせたモデルは販売に役立たない

skinny-model_1115704f.jpg

 オーストラリアのUniversity of Queenslandの心理学者Phillippa Diedrichs氏が、サイズ8のやせたモデルと、サイズ12の女性をそれぞれ起用した広告を下着、シャンプー、パーティドレスなどの商品で作り、400人の若い女性に対して見せたところ、購入意向はどちらの広告でも変わりがないどころか、18-25歳の女性ではサイズ12の女性を起用した広告の方が購入意向が高かったことがわかった。Unileverの石鹸ブランドDoveが普通の女性を起用したキャンペーンを行っているが、Diedrichs氏は「商品をより多く販売することが可能な上、女性消費者が自分のことに自信が持てるようになる」とコメントしている。

ソース:Telegraph: Skinny models are a 'turn off' in advertising, claim scientists

November 18, 2008 in Creative | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef010535fa8770970b

Listed below are links to weblogs that reference 広告のやせたモデルは販売に役立たない:

Comments

ソースのリンクですが、違うサイトに飛びます。

おそらく、こちらのURLが正しいのではないかと。
http://www.telegraph.co.uk/scienceandtechnology/science/sciencenews/3473008/Skinny-models-are-a-turn-off-in-advertising-claim-scientists.html

イギリスのサイトなので、イギリスのサイズ8は日本のサイズ9、イギリスのサイズ12は日本のサイズ13に該当します。
日本のサイズ9は平均的なので、決してやせているとは言えません。若い人ならサイズ7の方が平均的かもしれません。
研究者がオーストラリアの方なので、肥満大国オーストラリアでは、日本のサイズ9はやせているのかもしれませんが。。。国によって、異なった結果が出るのではないでしょうか。

Posted by: 一読者 | Nov 19, 2008 12:34:15 AM

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりで市場によって痩せている・痩せてないないであれば違った結果が出てくると思います。ただ、これをそれぞれの市場で、消費者が自分をどう捉え、どのように広告に出てくる人と比較し、それが購入意向などにどのような結果をもたらすか、という形で捉えなおす必要があるのでしょう。ひょっとしたら日本では全く違う結果が出る可能性がないわけではないですが、少なくともUnileverの調査では、日本を含めるアジアにおいても広告表現が女性の美について全く達成不可能ものであるという意見に同意する人が多かったようです。そういう消費者の意識の変化と広告主の変わらぬ方法論のかい離を示すものかと思い、これを取り上げました。

URL修正しておきました。

織田

Posted by: 織田 | Nov 19, 2008 4:54:15 PM