« ブログネットワークWeblogs, Inc.、3年で売上5倍、トラフィック1500% | Main | NYにデジタルサイネージ付きのバス登場 »

2008.10.23

YouTube、ブログと情報戦争

AriannaHuffington.jpg

 政治ブログHuffingtonPostの編集長Arianna Huffingtonが、今回の大統領選挙戦において2004年に共和党ブッシュ陣営の戦略家Karl Roveが取ったような、民主党候補を候補者に恐れさせるような情報を流したり、あることないこと使って相手を悪く見せるようなキャンペーン手法を、共和党マケイン陣営も使っているが、それがオバマ候補の評価に利いていないということをまとめている。HuffintonがGoogleのCEO Eric Schmidtから聞いたことらしいが、2004年にはYouTubeもなく、またHuffingtonPostのように大統領候補について細かく書くブログもなかったが、2008年現在では有権者はYouTubeでオバマ候補の演説をすべて聞いたり、ブログでの細かい情報などに触れることで、広告やマケイン陣営のスタッフがニュース番組で口にするようなひどい評価とは別のオバマ像を独自に持てるからだ、という。

ソース:HuffingtonPost: The Internet and the Death of Rovian Politics

 

October 23, 2008 in Industry | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef010535b0ad4b970b

Listed below are links to weblogs that reference YouTube、ブログと情報戦争:

Comments