« 米ブログ広告費、2007年の2億8300万ドルから2012年には3倍の7億4600万ドルに | Main | [今日の解説]WPP傘下の24/7 Real Media、米Yahoo!傘下のRight Mediaと提携 »

2008.05.16

若者ターゲットTVチャンネル、視聴率28%下落で生き残りが疑問に

GossipGirl.jpg

CWRating200805.gif

 CBSとタイムワーナーのジョイントベンチャーの18-34歳をターゲットとしたTVチャンネルCWは、今シーズン大きく視聴率を下げており、看板番組の「Gossip Girl」は28%視聴率が落ちており、広告価格も22%落ちているという。脚本家協会のストライキの間に、ターゲット視聴者たちはWebへ移ったのが大きな理由と考えられており、今シーズンが最後の生き残りの可能性になると考えられている。

ソース:WSJ; It's No Gossip, Ratings Slip Threatens CW Network

May 16, 2008 in Television | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00e5522ddca58833

Listed below are links to weblogs that reference 若者ターゲットTVチャンネル、視聴率28%下落で生き残りが疑問に:

Comments

Post a comment