« Nickelodeon、スポンジボブのバーチャルワールドを展開 | Main | Yahoo!、広告販売システムAMPを発表 »

2008.04.06

[今日の解説]Nickelodeon、スポンジボブのバーチャルワールドを展開 

VW2008.jpg

 NYで一年前に始まり、昨年秋のサンノゼでのイベントも含めて3回目になるバーチャルワールドカンファレンス「Virtual Worlds 2008」に駆け足で参加してきた。
 Second Lifeでの企業マーケティング、ユーザー登録の状況、経営陣の刷新など、あまりいいニュースが流れていない業界だが、今回のカンファレンスの参加者は1200人と、一年前のイベントに比べて倍以上、企業ブースも一年前の4-5倍はあるのではと思われれ、また秋サンノゼのイベントに比べても着実に増えており、実は業界全体ではかなりの盛り上がりを見せていることがわかる。
 キーワードは「多様化」と「Value(付加価値)」だろう。
 多様化とは、かなりの数のプラットフォームがそれぞれ独自のサービスモデル、課金モデル、プロモーションモデルを持ち、バーチャルワールドと一言でくくれないほどの多様なサービスを消費者や広告主、メディア企業に提供している。Second Lifeも、Second Life Gridというサービスで、独自のバーチャルワールドを企業が運営するためのシステムを提供している。
 Valueについては、バーチャルワールドを加えることでの、商品への価値向上という意味合いである。すでにテレビ番組、おもちゃなどが進んでいて、かなりの成功を見せているものもあるが、それがさらに進んでいくだろう。
 このあたりの分析を現在進めているので近々ご報告できればと思う。
 いずれにせよ、バーチャルワールド業界はSecond Lifeを含めて、新たなレベルに差し掛かっており、僕が以前バーチャルワールドHype(過剰な期待)からBust(期待はずれ)への流れがあると講演で語ったが、HypeサイクルのBustを乗り越えて、企業・ユーザーにとって付加価値が感じられるものを選べる段階が来ていることを確信した。

Nickelodeon、スポンジボブのバーチャルワールドを展開

April 6, 2008 in Analysis | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00e551c376738834

Listed below are links to weblogs that reference [今日の解説]Nickelodeon、スポンジボブのバーチャルワールドを展開 :

Comments