« August 2007 | Main | October 2007 »

2007.09.29

お知らせ:Wired Visionのセミナーで広告経済について話をします

 マイクロソフトが会社規模で世界一の広告会社となり、Google、Yahoo!、MSN、AOLで99%のオンライン広告市場を占め、それらの企業がマス広告の売買にも進出しようとしています。広告ビジネスは従来の広告会社・広告コングロマリットによるものから、コンサルティング会社、投資銀行、ネット企業などが入ってくるもの変わりつつあります。また、ソーシャルメディアの利用者は爆発的に増え、消費者による商品・サービスレビューが企業マーケティングコミュニケーションに大きな影響を与えています。
 従来の広告ビジネスの概念が大きく変わってきており、Ad Innovatorもその様子をお伝えしているわけですが、それをまとめていくと、実はこれはすべて「新しい広告経済の誕生」を語っているのではないかと、Wired Visionから講演の依頼があったときに気が付きました。そしてその広告経済も、広告自身の経済と広告ビジネスプレーヤーの経済という2つが絡んでおり、それらをカバーする形で話をしたいと思っています。
 ということで10月19日(金)の午後に、ワイアードビジョン主催・連続セミナー 「21世紀の広告ビジネス--Googleの次に登場するもの」シリーズのキックオフとして第1回「新しい広告経済の誕生」で講演「実験国家・米国ネット広告業界にみる広告経済の変化」を行い、パネルディスカッションに参加します。50人限定のようなので早めにお申し込みください。講演内容は下記のとおり。詳細はこちらです。

第1回「新しい広告経済の誕生」: 2007年10月19日(金曜)

  1. Googleが開いた広告経済の時代:歌田明弘(ジャーナリスト・作家)
  2. 実験国家・米国ネット広告業界にみる広告経済の変化:織田浩一(アドイノベータ代表)
  3. 調査から見る最新ネット広告トレンド:萩原雅之(ネットレイティングス代表)
  4. パネルディスカッション:モデレータ:竹田茂(ワイアードビジョン代表)

September 29, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google幹部:Google-DoubleClickはAmazon-Fedex

google-doubleclick042007.jpg

 米上院でのGoogle-DoubleClickの買収に関する公聴会で、マイクロソフトの法務顧問Brad Smith氏はこの買収がGoogleにオンライン広告でのさらなる集中を促すと訴えるという。それに対して、GoogleのチーフリーガルオフィサーのDavid Drummond氏はバナー広告での関連性を高めコスト効率を高め、またGoogle-DoubleClickの関係は、AmazonとFedexやUPSの関係と同じで、独占禁止法に抵触しないと語った。

ソース:AdAge: Microsoft Denounces DoubleClick DealCBS 60 Mini

September 29, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Chevron、CBS 60Minutesで150秒スポット

cbs.60min.jpg

 石油会社ChevronはCBSの人気ニュース番組「60 Minutes」のCM枠の一つを使った150秒スポットから「The Power of Human Energy」キャンペーンをスタートさせる。エネルギー問題は複雑なもので、これを30秒で語るのは難しかったため、と同社では説明している。

ソース:NYTimes: Chevron’s 150-Second Spot

September 29, 2007 in Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2012年までにアメリカのTV視聴時間の1/3がVODで

 コンサルティング会社Pike & Fisherは、アメリカのTV視聴時間のうちビデオオンデマンドによるものが2007年に8.5%であるが、2012年までに38%に上ると予想した。視聴者も広告主もこれから数年で大きく変わると同社では語っている。

ソース:last100:One-Third of American TV watching will be video-on-demand by 2012

September 29, 2007 in Stats | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Grey幹部:TraditionalとDigitalをシームレスにつないでTra-Digitalに

 Advertising Weekの7つのエージェンシーを集めて、Traditional(従来型)エージェンシーがDigital機能を持つために方法について語り合ったパネルディスカッションで、Grey幹部Steve Hardwick氏がGreyはTraditionalとDigitalをシームレスにつなぐTra-Digitalを目指すと語った。また、デジタルエージェンシーOrganicのトップはこれから12-18ヶ月で新しいエージェンシーモデルができあがるだろう、と語った。

ソース:MediaDailyNews:Shades Of Grey: Agency Blurs Line Between Traditional And Digital, Coins 'Tra-Digital'

September 29, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Nielsen, TV視聴率パネルを3倍に

 アメリカのTV視聴率を調査するNielsenは、2011年までに現在の12000世帯、35000人の視聴率調査パネルを、37000世帯、10万人までに増やすと発表した。同時に現在10の大都市で行われているピープルメーターによる調査を56マーケットまで増やし、日記式をやめていくという。

ソース:Topix: Nielsen to Triple TV Sample

 

September 29, 2007 in Research | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.09.27

ハーレーダビッドソン:夢見ることを忘れるな→夢見てないで、の間違い

Harley-Campaign-1.jpg

Harley-Campaign-2.jpg

Harley-Campaign-3.jpg

 ブランドや広告メッセージのほとんどは消費者の自己認識・自己実現に関連したものであるが、これはハーレーのためのオーストラリアのポスター。なんかちょっと物悲しい感じもありますが。

ソース:2WENTY 4OUR: Harley Davidson - Stop Dreaming!

 

僕はなぜかDon't Stop Dreamingと読んでしまったのですが、Stop Dreamingの間違いでした。早く買えっていうことでした。すみません。

September 27, 2007 in Print | Permalink | Comments (3) | TrackBack

Yahoo!、MediaVest調査:コンテクスト外の広告でも効果的

 米Yahoo!とメディアエージェンシーMediaVestが、今までコンテンツに関連度の高い場所で製品の広告を出すのが最も効果的という考えに水を差すような調査結果を発表した。MediaVestのJim Kite氏は、「正しい人をターゲットすることが、コンテクストでターゲットするより重要」と行動分析型ターゲティングをサポートするコメントを出している。

ソース:Adweek:Out-of-Context Ads Prove Effective

September 27, 2007 in Context | Permalink | Comments (0) | TrackBack

NBCU:オンラインで「Heroes」を見た視聴者の96%がそのままオンラインかTVでシリーズを見続ける

 NYで行われたCarat Digital ExchangeでNBC UniversalはNBC.comのビデオサイトNBC Rewindでのデータを公開し、NBC Rewind視聴者の35%が人気番組「Heroes」を初めて視聴し、その後96%がオンラインかTVで見続けたことを発表した。担当者は、これは純粋な視聴者増で、NBCUが広告業界にTVもオンラインにも同様に広告を出す360°戦略が有効であると訴えた。

ソース:MediaDailyNews:Data Reveals Online Having Profound Shifts On TV Viewing, Navigation Too

September 27, 2007 in Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

メディア毎の予算付けするな

 AdAgeの発行人Scott Donaton氏がYahoo!のCMOの「メディア毎の予算付けをするな」というAdvertising Weekでの講演のメッセージを受けて、全体的にどのようなメッセージが聞かれたを振り返っている。彼によると1)デジタルはすべての中心になる、というメッセージと、2)アイデアや消費者インサイトがすべての中心になっている、という2つの互いに相反するメッセージが出されており、一見2番目は明らかなものの、現在の組織、ビジネスモデル、報酬制度を直さない限り、一番目を何度も言い続けなければならない、とまとめている。

ソース:AdAge: 'Don't Budget by Medium'

 

 

September 27, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

最速で成長しているメディアは、ネットではなく店内メディア

 Deloitte Consultingによると、最も早く成長しているメディアは21%の成長率で「ショッパーマーケティング」と彼らが呼んでいる店内メディアであるという。これに対してネットは15%で、ショッパーマーケティングは2010年にパッケージグッズ企業のマーケティング予算の8%に達すると予想している。

ソース:AdAge: The Fastest-Growing Medium? Shopper Marketing

September 27, 2007 in Stats | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.09.26

[今日の解説]マイクロソフトのオンライン広告・媒体戦略:Conversion Attribution

 この概念はすでにad:techなどでも議論されていたり、競合になるDoubleClickでもView Throughという言葉で数年前から議論されている。
 だが、マイクロソフトとGoogleの競合関係を見ると改めてConversion Attributionなどという新しいキーワードを持ちだして来たわけが理解できるだろう。検索連動型広告はその広告から自社サイトへのトラフィックが見えるため、本当は検索行動にいたるバナーを含めた様々な広告活動があるかも知れず、あるいは会社名や商品名だけをタイプして検索したかも知れないのに、検索の貢献度が現実の貢献度より高く広告主に感じられるという課題である。当然、バナー広告における収入の多いMSNを抱えるマイクロソフトは、検索でずっと先に行くGoogleの収入源、検索広告の価値を下げるために各広告・PR活動での貢献度を正確に測るというConversion Attributionなどというコンセプトを出してきているのだ。
 ただ、これは各広告表示の価値を正確に出していくということであり、現在のCPMモデルが崩れる可能性も含めている。いや、もう一歩踏み込むとこれは、マイクロソフトがCost Per Attribution(貢献度課金)という指標での広告売買をするための第一歩なのかも知れない。

マイクロソフトのオンライン広告・媒体戦略:Conversion Attribution

September 26, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

リサーチSNS:Hey!Nielsen

heynielsen.jpg

 ついにオンライン調査もソーシャルネットワークを使う時代だと言えよう。調査会社The Nielsen Companyが音楽、TV番組、映画などについての消費者向けのSNS、Hey!Nielsenをベータ公開した。

リンク:Hey! Nielsen

 

September 26, 2007 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

マイクロソフトのオンライン広告・媒体戦略:Conversion Attribution

 マイクロソフトに買収されたaQuantiveのCEOはBrian McAndews氏は現在、マイクロソフトのAdvertiser and Publisher Solutions Groupのトップとなったが、そのマイクロソフトがオンライン広告の分野でGoogleやYahoo!に対抗していく戦略がConversion Attributionであるという。これは、検索に限らず、他の広告がユーザーが検索行動や購買行動へ向けてどれだけ貢献したかということを示すものである。

ソース:NYTimes: Microsoft Takes Aim at Google’s Ad Supremacy

[今日の解説]マイクロソフトのオンライン広告・媒体戦略:Conversion Attribution

September 26, 2007 in Online | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Clear Channel株主、投資グループの買収提案に同意

 アメリカ最大のラジオ局ネットワークであるClear Channelの株主は、Thomas H. Lee PartnersとBain Capital Partnersに率いられる投資グループの買収提案に10ヶ月以上を経て同意した。提案条件は何度か株主向けにいいものに変わり、最終的に株主が30%の投資グループの株を持つ異例のものになっているという。

ソース:NYTimes: Clear Channel Shareholders Approve Buyout

September 26, 2007 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Microsoft:FacebookとYahoo!を両天秤

 Facebookとの交渉が始まっているマイクロソフトだが、NYPost紙でYahoo!もまだ検討先としてあがっていると報じている。210億ドルのキャッシュを手元に持っているマイクソロソフトだが、aQuantiveを60億ドルで買収した後、2社を両方買収するわけにはいかず、その場合Yahoo!ではどのテクノロジーを残してどれを使わないか、などを決めなければならなくなる、と解説している。

ソース:NYPost: M'SOFT LOOKS TO FACEBOOK IF YAHOO! WON'T PLAY

September 26, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

調査:テクノロジーはメディア支出を増やす

 Apple、通信会社、メディア会社などが新しいデジタルテクノロジーを導入していることで、アメリカの消費者は今や収入の1.85%をメディアに支出しており、これは過去最高であることが、調査会社SNL Kaganのレポートで分かった。特にビデオオンデマンドが大きくの見ており、昨年は28億ドルの市場であったが、2017年には89億ドルまで伸びると予想している。

ソース:The Hollywood Repoorter;Study: More tech equals more money

September 26, 2007 in Stats | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.09.25

AMNブロガーミーティング第2回はマサイの人々からヒントを得たMBTシューズについて

agilemedia_logo.jpg

mbt1.png

 世界最小のフィットネススタジオをというコピーも面白いですが、MBTは草原や森のやわらかな地面を歩くとアキレス腱や腰痛が軽減されることにヒントを得て、歩行を通じて筋肉のバランス調整を促し、正しい姿勢、正しい歩行技術を生み出すトレーニングギアで、靴ではないとされています。したがって、通販やオンライン販売なしに専門トレーニングを受けたスタッフが1足1足顧客の足に合わせた靴を販売するとのこと。
 そのMBTついてのブログミーティングが10月4日に渋谷で行われる予定で、ブロガーの方の参加を募集しています。詳細は下記まで。

AMN Blog:10月4日(木)MBTブロガーミーティングのお知らせ
http://agilemedia.jp/blog/2007/09/104mbt.html

September 25, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

AMN:ブログマーケティングポリシー ベータ版公開

agilemedia_logo.jpg

 私、織田浩一が社外取締役を務めるブログネットワークAgile Media Networkでは、ブロガーとその読者と、広告主の間の会話を促進させ、3社の共感と信頼関係が、結果的にその広告主に対する共感・信頼関係を高めるものと考えています。ブログが読者から信頼されなければ、広告媒体としても価値が低いという信念を持っており、今回、ブログマーケティングポリシーをベータ版として公開しました。下記から皆さんのご意見をいただければと思います。

AMNブログ:ブログマーケティングポリシーのベータ版を公開しました。
http://agilemedia.jp/blog/2007/09/post_31.html

September 25, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Pudding Media: Gmailの電話版サービス

ThePudding.jpg

 サンノゼのスタートアップPudding Mediaは通話の内容に従って広告をPCのスクリーンに出し、通話が無料になるサービスを公開した。同社CEOは、電話をしているときには、かなりの人が何か他のことをしているケースが多く、この会話に有効な話題を届けることが意味があると考えた、と答えている。

ソース:NYTimes: Company Will Monitor Phone Calls to Tailor Ads

 

September 25, 2007 in New method | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Publicis Groupe:2010年までにデジタルの売り上げを25%に

 Digitasの買収から始まり、中国・フランスなどでインタラクティブエージェンシーを買収しているPublicis GroupeのトップMaurice Levy氏はAdweekのインタビューを受け、現在7-8%の売上のデジタル比率を彼がCEO職を離れる2010年までに25%に上げるのが目標であるという。「パイオニアとしてクライアントにどんな機会でも提供できるように、様々なデジタルスペースでの企画を試している」と語っている。

ソース:Adweek:Levy on How He Plans to Own Digital Space

September 25, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2011年までに53%米3-17歳が3D仮想世界に

USTeenkidsVirtulaWorld2006-2011.gif

 調査会社eMarketerによると、アメリカのティーンと子供はネットユーザーの18.2%を占めているが、その3430万人のネットを使うティーンと子供のうち、現在24%がバーチャルワールド(3D仮想世界)を使っており、その率は2011年に53%に上ると予想している。彼らはソーシャルネットワークを使うだけではなく、グラフィックな環境で、人々と交流し、買い物・学習・遊びをするとeMarketerのアナリストはコメントしている。

ソース:eMarketer: Kids, Teens and Virtual Worlds

September 25, 2007 in Virtual Reality | Permalink | Comments (0) | TrackBack

次はFacebookをめぐるMicrosoftとGoogleの戦い

 今、業界は企業買収のスピードが上がっているが、Facebookの現在の企業価値が10億ドル以上でマイクロソフトと交渉されており、その5%を3億ドルから5億ドルで買収するという話がWSJ紙にリークされている。だが、マイクロソフトはGoogleがFacebookに対して示しているのに対抗しなければならず、Facebookがもしかしたら自らマイクロソフトやGoogleに対抗する広告プラットフォームを作り上げるかも知れないにも関わらず、150億ドルの企業価値にマイクロソフトが同意する可能性もあるという。

ソース:WSJ:Microsoft Fires Volley At Google in Ad Battle

September 25, 2007 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

開発国の子供一人にラップトップ一台プロジェクト、フォスターチャイルド的なキャンペーン

XOLaptop.jpg

 デジタルデバイド解消のために発展途上国の子供一人にラップトップを一台普及させるというOne Laptop PerChildプロジェクトは、アメリカ・カナダで$399を支払って、自分に一台、途上国の子供たちに一台寄付するというGive 1 Get 1キャンペーンを11月に開始するという。フォスターチャイルド的なキャンペーンだが、一部にこのラップトップがAppleやHP、Dellのものに比べてもう一つなので売れるのかという声も上がっている。

ソース:NYTimes:Buy a Laptop for a Child, Get Another Laptop Free

September 25, 2007 in New method | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.09.21

[今日の解説]NewTeeVeeLive!

 日経BPでad:tech速報をお届けし、その中にも「TV 2.0」とか「TV3.0」とかあったわけだが、デジタルマーケティングが細分化していくにつれて、それぞれの情報は個々のブログが追いかけるようになり、ついにブログが業界イベントを行うようになっているというのが現状だ。
 先日のConversational Marketing Summitはブログ広告ネットワークであるFederated Mediaによるものなので多少ネットワークの規模も大きいが、NewTeeVee LiveだけではなくPaidContent、TechCrunchなど単独のブログからイベントを行うケースが多々出てきているようだ。
 従来はメディア会社がそのメディアをベースにイベントを行うケースが多かったが、ブログも、特にブログネットワークとして位置しているところは特に、そのようなポジションになってきていると言えるだろう。

NewTeeVeeLive!

September 21, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

いいお得意になる方法

HowToBeABetterClient.jpg

 お得意(広告主)がはたしてマーケティングをきちんと理解しているかという議論は広告業界で長く議論されていることであるが、id29というエージェンシーが「いいお得意になる方法」という本を公開した。半分冗談で、さらにid29の作品ポートフォリオだったりするのだが、一部に本質をついている部分があるので紹介。PDF版やビデオは下記から。

リンク:id29:How to Be a Better Client

 

September 21, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

NewTeeVeeLive!

newtvlive.png

 Om MalikのブログネットワークGigaOMに所属するNewTeeVeeブログが、NewTeeVee Liveというイベントを11月に開催するという。ブログ広告ネットワークFederated Mediaの協力により、新しいテレビ(ビデオ)の在り方を語るイベントになりそうだ。

ソース:NewTeeVee: NewTeeVee Live, Our First Conference: Nov. 14, 2007

[今日の解説]NewTeeVeeLive!

September 21, 2007 in Weblogs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

WPP、イタリアのインタラクティブエージェンシーの20%買収

 世界第2位の広告コングロマリットWPPが、イタリアのデジタル・インタラクティブエージェンシーOOT Sriの20%株式を買収した。WPPでは成長率の高い分野に投資し、デジタルメディア分野の能力を高めると語っている。

ソース:BusinessWeek: WPP buys stake in Italian agency

September 21, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google Tim Armstrong氏:我々が広告代理店になるのは数学的に無理

 GoogleがOgilvy NYからの引き抜きで広告代理店を作るのではという話題に対して、Googleの広告担当トップのTim Armstrong氏は「我々はエージェンシーを立ち上げるつもりはなく、エージェンシービジネスに参入するには数学的に無理である」と語った。規模を考えると、ひと晩のうちに1万から2万人を雇わなければならない、というのがその数学のようだ。

ソース:OnlineMediaDaily:Google's Armstrong: We're Not Launching An Ad Agency

September 21, 2007 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google、Facebookよりさらにオープンなプラットフォームを目指す

 GoogleがFacebookに対抗するため、11月5日からOrkut、iGoogleのソーシャルデータをはじめとして、Gmail、Google TalkなどGoogleのサービスがAPIとして公開されるとTechCrunchが報じている。さらに、同じAPIで、他のソーシャルネットワークからアクセスして、GoogleアプリとGoogle以外のアプリの間でデータのやり取りができるようにするという。

ソース:TechCrunch: Google To “Out Open” Facebook On November 5

 

September 21, 2007 in Online | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.09.20

AMN:第一回ブロガーミーティング開催

agilemedia_logo.jpg trendmicrologo.jpg

 企業とブロガーを結んでよりよい製品やサービス開発についてのディスカッションの場としてAMNでは「ブロガーミーティング」を企画し、第1回はトレンドマイクロの協賛により、総合セキュリティソフト「ウィルスバスター2008」の開発にあたってWebからの脅威・トラブルにどう対処しているかなどを9月26日夜に話し合う予定です。一般には公開されないリージョナルトレンドラボの見学も予定されているようなので、興味のあるブロガーの方は参加してみられてはいかがでしょう。

詳細はこちらまで
http://agilemedia.jp/blog/2007/09/post_30.html

 

September 20, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

AMN:6ブログを加えて合計35ブログ、月間600万PVのネットワークに拡大

agilemedia_logo.jpg

 ブログネットワークAgile Media Networkが新たに6ブログを加えて、合計35ブログ、月間600万PVのネットワークになりました。7ヵ月でブログ数で3倍、PVで約2倍に成長したとのこと。今回加わったブログは下記の6つになります。

Lifehacking.jp
「ライフハックとは自分を変える習慣作り」を基本コンセプトに、ライフハック、GTD、自己啓発をテーマとした海外のブログ記事やご自身の経験を紹介しているブログ。執筆者は堀 E. 正岳さん。

Milano::Monolog
ウェブサービスについての私見、Movable Typeの導入手順の解説・プラグインの紹介、購入した商品の紹介を中心に、幅広い話題を取り上げているブログ。執筆者はみらのさん。

Modern Syntax
IT関連ニュースや海外のおもしろいサイトやサービスを紹介しているブログ。ポッドキャスティング「Modern Syntax Radio Show」も人気。執筆者は永沢 和義さん。

MOONGIFT
オープンソース・フリーウェアを毎日紹介しているブログ。CMS、オフィスから画像編集、テキストエディタ等、業務の効率化、新サービスのネタ探しに使える話題を幅広くカバー。執筆者は中津川 篤司さん。

PHPSPOT開発日誌
PHP/Ajax/JavaScript/CSS/デザイン等のWEB開発に関する最新技術情報を中心に取り上げているブログ。執筆者は現役プログラマーのKJさん。

webdog
ライフワークである「WEBでの動画配信」を通じたコミュニケーションの話題を中心に、「インターネット」と「それ以外」の関係を考察。執筆者のジェット☆ダイスケさんはビデオブロガーとしても有名です。

情報開示:ちなみに私、織田浩一はAMNの社外取締役です。

September 20, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

ハーゲンダッツがフレーバーアイデアコンテスト

Haagen+Gourmet.jpg

 製品開発に消費者を巻き込むというキャンペーンは多々起きているが、ハーゲンダッツもビデオや写真などCGMを通じて、新しいフレーバーの提案を求めるキャンペーン「Scoop」を開始した。Gourmetマガジンと共同で行うコンテストで、GourmetマガジンのトップシェフSara Houlton氏が3人の最終選考に残った人からフレーバーを選ぶという。

ソース:NYTimes: And the Winning Flavor Is...

September 20, 2007 in Open Source Marketing | Permalink | Comments (0) | TrackBack

誰がオンライン広告を恐れているのか

 コンサルティング会社MxKinsey & Coが410のマーケティング幹部に対して行った調査で消費者がすでにオンラインで過ごす時間が多くくなっているにも関わらず広告費が同様にシフトしていない理由として、52%が「インパクトを示す指標が十分でない」と答え、41%が「社内の能力不足」と答えたが、Publishing2.0ブログが「顧客獲得コストとかが取れるのにマスメディアよりもしっかりした指標がないということか?」と批判している。そして、Publishing2.0ブログはこの結果は、決してオンラインの指標のことを言っているのではなく、広告業界が変わらなければならないのに、マス広告に対する“慣れ”のことを言っているのだ、とまとめている。

ソース:Publishing2.0: Who’s Afraid of Online Advertising?

September 20, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Eメールは究極のソーシャルメディアか

 ブログGigaOMを運営するOm Malikが、米Yahoo!がメールサービスのZimbraを買収したり、オープンソース開発団体MozillaがメールソフトThunderbirdをスピンアウトするように、ユーザーのアテンションを最も得ているEメールソフトは究極のソーシャルメディアではないかと語っている。住所、名前、相手が友達か仕事関係か、メール発信の頻度、受信までの時間などソーシャル的な要素がふんだんに入っているからだ。

ソース:GigaOM: Is Email The Ultimate Social Environment?

September 20, 2007 in Email | Permalink | Comments (0) | TrackBack

InstantWonder:リッチメディアメッセンジャー広告ネットワーク

 リッチメディア広告サービスのEyeWonderは、AOL、MSN、Yahoo!、ICQ、MySpaceなどのインスタントメッセンジャーサービスにビデオやリッチメディア広告を配信するInstantWonderを発表した。テレビで最も視聴率を稼ぐスポーツ中継番組「スーパーボウル」に匹敵するリーチを持ち、インタラクション率は15-20%に達するとしている。

ソース:adotas: InstantWonder’s Ads Change Face Of IM

September 20, 2007 in Instant Messaging | Permalink | Comments (0) | TrackBack

アメリカ人は友達やセックスよりWeb好き

 アメリカ人のネットへの熱中度は高く、過半数が一週間以上ネットなしではいられず、3人に1人は友達やセックスをやめてもネットに向かうということが、JWTが1011人のアメリカ人を対象にした調査でわかった。JWTのAnn Mack氏は「世界や友達、家族から切り離されると感じるのだろう」と語っている。

ソース:MSNBC:Americans giving up friends, sex for Web life

September 20, 2007 in Stats | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.09.19

AMN:RIAベース次世代Webプラットフォームnendo.tv α版を試すチャンス

AMN-NendoTVBanner.jpg

 SNS機能をベースに動画・ライブストリームなどを取りこんだマイポータルが簡単にできるサービスnendo.tvが、10月1日のプライベートα版オープンに際して、抽選で200人の方に試してもらうべく、9月19日から30日まで募集をしている。サイトでは開発の経緯、ガジェット的なデザインやカスタマイズ機能などを紹介するビデオなども公開されている。誰でも簡単に使える、「express yourself?」というのがキーワードになっているようだ。
 SNS分野にも新規参入者が入ることで、イノベーションが起きるのだろう。

September 19, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

[今日の解説]Ogilvy NYトップGoogleへ。エージェンシーサービス開始か

 MicrosoftがaQuantiveを買収し、傘下にデジタルエージェンシーAvenue A Razorfishを抱え、この記事のGoogleと共に広告スペースを売る“メディア”側の会社でクリエイティブ、戦略的なサービスを提供する動きが出ている。だが、これは出版社Hearstやテレビ局NBC Universalが傘下にエージェンシーを持ち、様々な企画を提案し、制作を数年前から始めていることにも呼応する。
 広告ネットワークや広告マーケットプレースのように広告在庫をコモディティ化する動きに対して、自社のメディア価値を高めるために、そして広告主との直接の関係を維持するために、メディア会社が付加価値をつけるために動きが加速している。

Ogilvy NYトップGoogleへ。エージェンシーサービス開始か

September 19, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Garfield氏、広告の死について語る

 ロンドンのOgilvy Digital Summit「Verge」でAdAgeのコラムニストBob Garfield氏がインタビューを受けている。その内容を簡単にまとめると、

  • 広告ビジネスは今の報酬制度と、企業と消費者をつなげる新しい存在意義を見つけないと死にいたる
  • エンゲージメントをもつブロガーは、企業の花粉を消費者に運ぶミツバチのようなもの。
  • 多数の人の低い共通項を探してメッセージを流す企業コミュニケーションは終わった。

September 19, 2007 in Industry | Permalink | Comments (1) | TrackBack

Ogilvy NYトップGoogleへ。エージェンシーサービス開始か

berndt071907.jpg

 Ogilvy New YorkのCo-president、Andy Berndt氏がGoogleに入社することが決まった。以前からGoogleがエージェンシー的なサービスを展開するのではと考えられていたが、クリエイティブに関するコンサルティング、アカウントサービスが彼が担当する新しい部署の責任分野で、まさにエージェンシーサービスではないかとAdAgeではまとめている。

ソース:AdAge: Ogilvy New York Co-President Andy Berndt Goes to Google

[今日の解説]Ogilvy NYトップGoogleへ。エージェンシーサービス開始か

September 19, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

MySpace、“関心ターゲティング”広告を展開

 Merrill LynchのMedia & Entertainment Conferenceの会場で、MySpaceを運営するFox Interactive MediaのPresident、Peter Levinsohn氏は、ユーザーのInterest(関心・興味)にしたがってターゲティングする広告のテストを6ヵ月以上続けてきたが、それを幅広く展開する用意のあることを発表した。このターゲティング技術は、そのユーザーの所属するグループ、友達、年齢、性別や以前に触れた広告の履歴などを使ってターゲティングを行うものだという。

ソース:http://publications.mediapost.com/index.cfm?fuseaction=Articles.san&s=67685&Nid=34476&p=249134

September 19, 2007 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google Gadget広告を正式公開

GoogleGadgetAd.jpg

   Widget・Gadgetブームでアメリカの半分のネットユーザーがWidgetを使っているというデータがComScoreから出ているが、GoogleはAdSenseネットワークを使った広告メディアとして参戦してきた。GoogleビジネスプロダクトマネージャーのChristian Oestlien氏は「これは我々がWebのコンポーネント化と呼んでいるもので、Webはますます小さなパーツに分かれて行っている」と語っている。

ソース:NYTimes: Google Program Enlists Mini-Sites as Selling Tool for Advertisers

September 19, 2007 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

英調査:1/3が個人の情報を守るために偽情報をプロファイルに

 100人以上のイギリス人を対象にしたRapidResearch Social Networking Sites Surveyによると、62%のソーシャルネットワークサイトユーザーが自分の個人情報が安全かどうかを心配しており、31%が自分のアイデンティティを守るために偽情報を入れていることがわかった。24%が毎日ログインしており、週に少なくとも一度ログインする人は45%に上るという。

ソース:MarketingCharts: Social-Network Users Enter False Personal Info to Protect Identity

September 19, 2007 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.09.18

[今日の解説]「フラット化する世界」でのクリエイティブ開発

 Croudcoursingとは、チャートなどでネットを示す雲Croudと、アウトソーシングのようにサービスを外部から提供を受けるSoucingを合わせた言葉で、ネットを介して不特定多数からサービスや情報、アイデア、物品などを購買・集めることを意味する。最近ではGoogleが月からの画像・ビデオを送った人・会社に3000万ドルを提供するというGoogle Lunar X Prizeや、オンラインDVDレンタルのNetflixが現在のDVD推奨エンジンよりさらに精度の高いエンジンを募集したところ、1万を超える応募があったらしい。「群衆の知恵」とも言われているが、よりいいものがより安く集められる環境がネットにより実現したことがわかる。
 ということで、広告分野でも広告在庫のマーケットプレースだけではなく、制作などのサービスにもこのOpenAdのようにマーケットプレースが生まれつつあり、Googleもテストでビデオ・CM制作者と広告主を結ぶマーケットプレースを提供している。
 消費者作成CMキャンペーンなども多数生まれており、何がコモディティ化しつつあるのか、その中で何を武器として戦っていく必要があるのかを、広告業界も考えなければならなくなっているのかも知れない。

「フラット化する世界」でのクリエイティブ開発

September 18, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

[今日のおまけ]もしGoogleがEvilになったら。フィクション

google-Camera.jpg

 メキシコからサンフランシスコ空港に帰ってきたGregは、Googleが業務代理をしている米国移民局を通るが、そこで監査官から1998年6月17日に流したメッセージについて尋ねられ、そこからGregの悪夢は始まった・・・。「Don't Be Evil」を会社のモットーとするGoogleが、EvilになったらというショートフィクションがRadar Onlineに出ている。Creative Commonsになっているので、誰か日本語にしてくれるのであればここでまた紹介しますが。

ソース:Radar Online:Scroogled

September 18, 2007 in Search | Permalink | Comments (0) | TrackBack

大統領選キャンペーンでも消費者作成CM

TeamMitt.jpg

 共和党の大統領候補Mitt Romney氏が米Yahoo!傘下のJumpcutを利用した消費者作成CMキャンペーンを展開し、110のビデオが集められた。この中から10-12が選ばれ、テレビスポットとして使われるという。

ソース:Wired: It's a Wrap: Romney Campaign's Dorito-Inspired Ad Contest

September 18, 2007 in Open Source Marketing | Permalink | Comments (0) | TrackBack

「フラット化する世界」でのクリエイティブ開発

OpenAd-091707.jpg

 オンライン上で様々な人から情報やサービスなどを受けることをCroudsourcingと呼ぶが、クリエイティブや広告アイデアの世界にもCroudsourcingの波は押し寄せつつある。ジレットはOpenAdという9000人のクリエイティブタレントが参加する広告・デザインアイデアのマーケットプレースを利用して、インドのエージェンシーのアイデアを基にして、スロベニアの学生、イギリスの写真家、アメリカのクリエイティブディレクターが仕事を勝ち取ったという。

ソース:AdAge: Gillette Taps 9,000 Creatives Online

[今日の解説]「フラット化する世界」でのクリエイティブ開発

September 18, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

AOL:様々な傘下の広告ネットワークを組み合わせたPlatform Aを発表

 AOLは傘下のAdvertising.comと最近買収した行動分析型ターゲットのTacoda、モバイル広告のThird Screen Media,、ビデオ広告Lightningcastなどを統合した広告ネットワークプラットフォームPlatform Aを発表した。米国内のオンラインユーザーの90%にリーチするということで、Yahoo!、Google、Microsoftが進めている、自社サイト外に提供する広告ネットワークの展開に対抗しようとしている。

ソース:Search Engine Land: AOL Introduces 'Platform A': Integrated Ad Targeting

September 18, 2007 in Online | Permalink | Comments (0) | TrackBack

アメリカのWeb2.0ブームは終わりか

web2.jpg

 ブログVentureBeatで、2007年前半のWeb2.0系企業のベンチャー投資を見ながら、投資がアメリカから海外にシフトしている様子から、アメリカでのWeb2.0ブームが終わりつつあるのではないかと考察されている。2007年前半のVC投資は6%伸びているが、ヨーロッパとイスラエルの投資が伸びているからだという。

ソース:Venture Beat: Has smart money abandoned U.S. Web 2.0 companies?

September 18, 2007 in Web 2.0 | Permalink | Comments (0) | TrackBack