« February 2007 | Main | April 2007 »

2007.03.29

Agile Media Networkのブログオンブログ広告に日産ミニバンBlogが入りました

nissan_minivan.gif
プレミアムブログネットワークAgile Media Networkのブログオンブログ広告に日産ミニバンBlogが入りました。オーナーと購買を考えている人たちを結ぶような活動もやっているようですね。

また、Yomiuri OnlineでAgile Media Network社長、坂和氏のインタビューが載っています。
http://www.yomiuri.co.jp/net/interview/20070327nt0f.htm

 

March 29, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Virtual Worlds 2007レポート上がってます

vw2007Sibley.jpg

 今、The Electric SheepのCEO、Sibley VerbeckがVirtual Worlds as Interactive Televisionというタイトルで講演を行っています。

 さて、Virtual Worlds 2007の2日目ですが、昨日のレポートが2本、日経BPに上がっています。

米国Virtual Worlds 2007報告(1)
Second Life創設の背景を明かす
リンデン・ラボCEOがオープニングスピーチ

The Future of marketing and media (マーケティングとメディアの未来)」と副題がついた、「Virtual Worlds 2007」が米国ニューヨークで始まった。ゲームではないオンライン3次元仮想世界に関する初の展示会/カンファレンスであり、マンハッタンの南端に位置する博物館施設を使い、3月28日と29日の2日間にわたって開催される。昨今の、3次元仮想世界のコミュニティ・サービス「Second Life(セカンドライフ)」の話題が手伝ってか、600人の参加者枠は売り切れた。この新しい金鉱脈を目指して、新たなゴールドラッシュが始まっていると言えるだろう。http://www.nikkeibp.co.jp/netmarketing/trend/current/070329_vw2007_01/

米国Virtual Worlds 2007報告(2)
Second Lifeだけではない
3次元のプラットフォームが続々

3次元の仮想世界というと、日本では4月に日本語ベータ版が出ることが期待されているSecond Life(セカンドライフ)に話題が集中しがちだが、欧米では多数の企業が様々なアプローチでこの分野における自らのポジションを作り出そうとしている。http://www.nikkeibp.co.jp/netmarketing/trend/current/070329_vw2007_02/

March 29, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.03.23

今日のおまけ:Googleのトップページデザインは創始者がHTMLを知らなかったから

 GoogleプロダクトマネージャーMarissa MayerがRARCで講演を行い、そこでいくつかGoogleの秘密が披露されたという。簡単にいくかをお知らせすると、

  1. Googleのトップページが検索ボックスしかないのは、創始者がHTMLを知らず簡単なインターフェースを作りたかったから。実は検索ボタンも始めはなく、Returnキーを押さなければ検索できなかった。
  2. このデザインのせいで初期のユーザーテストはユーザーがただ画面を見ていて、何か起こるのではとずっと待っているということが起こったという。
  3. 「I feel Lucky」はほとんど使われないが、それを取るとGoogleらしい体験の価値が下がるらしい。
  4. Googleは世界最大の翻訳家ネットワークを持っている。
  5. 20%/5%というルールがあり、20%の人がつかうとサービスとして含まれるか、5%の人が必要とする検索機能だとAdvanced Prefenrecesに含まれる。
  6. Googleの名前の由来は、Googolにしようとした創始者がスペルを間違えたため。

他にも10ほどのトピックがこのリンク先にある。

ソース:Beyond Madison Avenue: Google reveals some secrets.

March 23, 2007 in Search | Permalink | Comments (1) | TrackBack

今日の解説:Second Lifeの企業活動に落胆しているユーザーは72%

 先日もLinden Labにお邪魔したが、その際に日本で4月に日本語版がでるという話で盛り上がっていることに話題が及び、担当者は「特に正式な日にちがあるわけではなく、正式発表もしていないんですが」と答えていた。さまざまなメディアで(Ad Innovatorも含めて)期待感を盛り上げるような記事が出ているためユーザー側での期待はますます上がっている。
 そのためだろうが、最近ではSecond Lifeでの企業活動についての講演や記事のコメントを求められることが多いが、その時に答えることを一言でいうと「ブランド体験」をどう構築するかであろう。マーケティングや宣伝部署だけで運営できることではないので、そのあたりの組織づくりを含めて戦略を立てなければならないと思う。
 このあたりのことは、Virtual Words 2007でさらに話が出てくること思うので、またレポートします。

Second Lifeの企業活動に落胆しているユーザーは72%

March 23, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

空港で当たり!

casino_de_vinezia.jpg

 イタリア、ベニスのカジノのものらしい。自分の荷物が乗ったところで何倍かになるのだろうか?

ソース:2WENTY 4OUR: Casino De Venezia!

March 23, 2007 in Guerrilla | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Second Lifeの企業活動に落胆しているユーザーは72%

 ドイツのKomjunitiがSecond Lifeユーザー200人を対象にした調査によると、72%がSecond Life内での企業活動に落胆し、42%が単なる短期の流行りだと考えていることがわかった。同社のマネージング・ディレクターDr. Nils Andresは「期待が高いところでブランド体験をきちんと作っていないところに問題があり、残念だがあまり驚かない結果だった」と答えている。

ソース:OpenPR: First customer satisfaction survey in Second Life - insufficient customer care and opportunities for interaction between Second Life users and companies identified as the main weakness

March 23, 2007 in Virtual Reality | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google Earthのユーザーは2億人

 ワシントンポスト紙のサイトで、Googleが政府向けのサービスに力を入れていることがまとめられているが、その中でGoogle Earthのユーザーが2億人であることがGoogleから公表されている。軍や諜報などの政府の部署に対してGoogle Earthをサービスとして使ってもらうべく、ワシントンDCにオフィスを構えているという。

ソース:Washington Post; Google Searches For Government Work

March 23, 2007 in Online | Permalink | Comments (0) | TrackBack

YouTubeのトラフィックの成長は鈍っているものの、まだビデオサイトではトップの成長率

 オンライン視聴率測定のcomScoreによると、ビデオサイトでのYouTubeの強さは変わらないものの、2007年1月には対前年13倍のトラフィックだったのが、2月には9倍と成長が鈍っていることがわかった。2月は5470万人のユニークビジターを数え、11億7000万のストリーミング回数であったという。

ソース:MarketWatch:Even with slowing growth, YouTube still No. 1

March 23, 2007 in Podcast/Vodcast | Permalink | Comments (0) | TrackBack

オンライン広告は若い層にリーチしていない:ヨーロッパ調査

 調査会社Novatris/Harris Interaciveの21万人を対象にした調査によると、15-24歳の若い層は、25歳以上の層に比べてオンラインでの滞在時間は長くコミュニケーションツールや自己表現、エンターテイメントのために使っているものの、オンライン広告が彼らに自分の探している新しい製品やサービスのことを知らせてると答えたのは、25歳以上にくらべてずっと少ないことがわかった。また、イギリスを除くと、15-24歳は、オンライン広告に対しての興味が25歳以上よりずっと低く、消費者作成広告や酸化型、ゲームなどを使ってアプローチする必要があるとしている。

ソース:Digital Bulletin:Internet advertising not reaching younger generation

March 23, 2007 in Stats | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.03.22

お知らせ:来週、火曜から2週間ほどブログ・メルマガの更新が不定期になります

 またまたで申し訳ないですが来週半ばからNY→LA→Seattle→Tokyoというような出張が続きまして、その間、更新を不定期とさせていただきます。NYでは↓に参加してきます。Second Lifeなど3Dバーチャル空間が話題になっていますが、そのマーケティング・企業利用についてのカンファレンスです。日経BP NetMarketingでレポートをお届けします。楽しみにしていてください。
VirtualWorlds2007.gif

March 22, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

日米のビデオ配信状況をまとめた「リッチコンテンツ・マーケティングの時代」発売中

NikkeiBPRichContentCover.jpg

 もう少し前から本屋には並んでいたと思いますが、うっかりしていてお知らせしていませんでした。
 日経BP Webマーケティングの近未来で、アメリカのビデオ配信環境の現状を「ビデオの時代」として連載していましたが、それがまとまって本となりました。ただ、僕のパートは前半25%程度で、後半は日本の現状、モバイルの可能性、動画制作のプロセスなどをカバーし、日本でのオンラインビデオキャンペーンの事例もNike、Adidasや丸井などふんだんに含まれています。ビデオの時代がアメリカでも日本でもやってきていて、企業広報・広告キャンペーンに日本で利用するにはどう考えて、どうしたらよいかをまとめたHow-To本になっています。初心者にも理解してもらわなければということで、ビデオ制作・配信プロセスなどを含めています。
 すでにMediologicのタカヒロさんがこの本の紹介をしてくれているし、広告会議でも最近買った本に挙げてもらっています。その他にも書評ブログがこことかこことか。よかったら本屋で見てみてください。

リッチコンテンツ・マーケティングの時代

2006年に大きな話題になった動画投稿サイト「YouTube」。消費者への爆発的な広まりを受け、米大手メディアが動画利用に積極的になる中、日本でも、マーケティングや広告の分野にネット動画を活用する企業が目立ち始めた。本書は、動画を使ったネットマーケティング手法の動向と最新の実践例をまとめた。マーケティング・広告業界のアルファブロガーとも言われる織田浩一氏が先行する米国の事情を、またネットマーケティング編集部が日本における動画を利用したマーケティングの先進事例をレポート。実務担当者へ直接取材により、導入・実践例など、背景も含め分かりやすく紹介する。マーケティング担当者やその周辺業務に携わる人、ネット(特に動画)活用の業務に現在携わっている人にとどまらず、ネットマーケティングにこれから取り組もうという人にも格好の書である。

目次

先行する米国 進む「ビデオの時代」
今日本で何が起きているのか
動画・音声が広げるモバイルの可能性
はじめてのネット動画制作
ここまで来たネット動画
アンケート 動画、携帯電話への評価

併設サイトもあります。
http://info.nikkeibp.co.jp/nbpp/jstream/

本屋サイトへのリンクは
Amazon 日経BP書店  楽天ブックス 紀伊国屋BookWeb

March 22, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

今日の解説:NBC、Fox、Sony:YouTube対抗サービス設立の交渉中→設立しました

 AOLが加わり米ネットユーザーの96%のリーチはビデオ配信サイトで今までにない最大のもので、これからも配信パートナーを集めていくという。GM、Cadbury Schwepps, Ciscom Esurance, Intelなどが広告主として加わり、「Heros」「24」「Saturday Night Live」「Prison Break」や映画などが配信され、パーソナライズプレーリスト、マッシュアップ、オンラインコミュニティ、ビデオ検索機能などがつくという。
 業界の再編が進みそうな動きだが、設立から10年に満たないGoogleと2年ほどのYouTubeの組み合わせに対抗するグループを、従来型のメディア業界側が作らなければならないという状況が生まれているということだろう。プレスリリースでは消費者によるビデオ共有機能が付いているのかはっきりしないので、どれだけのトラフィックを稼げるのかがわからないが、少なくともMySpaceではユーザーばプレーヤーを自分のページに張り付けられるようだ。日本でもYouTubeのユーザーが伸びているので、同じような試みが生まれるのだろうか。
 こうしている間に、次のGoogleやYouTubeになるようなビジネスが生まれて、成長しているのだろう。Yahoo!がアメリカで苦しんでいるように、オンライン媒体の盛衰は激しい。

NBC、Fox、Sony:YouTube対抗サービス設立の交渉中→設立しました

March 22, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

[国内]YouTube、日本のユーザーが1000万人を超える

YouTubeJapan10mil.jpg

 ネットレイティングスによるとYouTubeの2月の月間ユニークユーザーは1017万人で、初めて1000万人を超えたという。オープンから14ヵ月で、Yahoo!Japanの約4倍、2ちゃんねるの約6倍のスピードで1000万人に達したという。

ソース:ITMedia:日本のYouTubeユーザー、1000万人突破 史上最速で

March 22, 2007 in Podcast/Vodcast | Permalink | Comments (0) | TrackBack

NBC、Fox、Sony:YouTube対抗サービス設立の交渉中→設立しました

 以前から何度か出てきている話題ではあるが、今度はNBC、Fox、Sonyともう一社のマスメディア会社が組み、MySpace、Yahoo!、MSNでビデオ配信するモデルが話し合われているという。またこのサービスには特定のサイトが存在しない可能性があり、ビデオプレーヤーを様々なサイトに貼り付け、そこにビデオを配信するモデルになるかもしれないという。

ソース:PaidContet: More on Youtube-Rivals JV: Fox, NBC and Sony; Distribution on MySpace, MSN and Yahoo

追記:プレスリリース出てきました。Google/YouTube以外は全部っていう感じのパートナーシップですね。

ソース:Businesswire: NBC Universal and News Corp. Announce Deal with Internet Leaders AOL, MSN, MySpace And Yahoo! to Create a Premium Online Video Site with Unprecedented Reach

March 22, 2007 in Podcast/Vodcast | Permalink | Comments (0) | TrackBack

広告会社はハイパーパーソナライズされたメディア環境に対応しなければならない

 ハリウッドで行われているネット広告カンファレンスOMMAで、Interpublic Futures Marketing GroupのトップBand Breenは、「今はネットとマスのハイブリッドメディア環境にあるが、未来はハイパーパーソナライズされたメディア環境で広告主のためにメディアの最適化を行わなければならない」と語った。その中で重要なのはそれぞれのメディアを比較するための指標を業界で作り上げることだとも語った。

ソース:OnlineMediaDaily:Agencies Need To Optimize Hyper-Personalized Media Future For Clients

March 22, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

今年のUpfrontのスポット売買の指標としてのCM視聴率が一歩前進へ

 米広告主協会(ANA)のTVフォーラムで、メディアバイイングエージェンシーStarcomのCEOはすでに去年のUpfrontで分毎のCM視聴率をベースとした契約を3つの広告主で行っており、今年のUpfrontでもさらに推し進めると発表した。また別のメディアバイイングエージェンシーGroupMやTVネットワークABCもCM視聴率による売買が進むと話している。

ソース:MediaDailyNews:Commercial Ratings Get Industry Approval For Upfront

March 22, 2007 in Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

AOLインスタントメッセンジャーがWifiで位置情報を提供へ

 AOLインスタントメッセンジャーは、Skyhook Wirelessのプラグインを使って、ワイヤレスネットワークを利用した位置情報サービスを開始するという。これにより、自分のチャット相手がどこにいるかを知ることが可能になるという。

ソース:MSNBC: AOL to let you see where IM buddies are

March 22, 2007 in Instant Messaging | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.03.20

今日の解説:米一般家庭には104のテレビチャンネル

 アメリカと日本のメディア環境の大きな違いの一つがケーブルテレビだろう。アメリカではほとんどの家庭に普及しており、ご覧のとおりチャンネル数も多い。つまりアメリカのTV・広告業界は1980年代に一度メディアの細分化を体験しているわけだ。そしてその流れの中で90年代後半からのネット・携帯メディアの普及が続いている。以前、ネット広告のカンファレンスで大手広告会社のトップが「自分たちはニューメディアの洗礼をもう何度も受けている」といって今のメディア環境の変化への対応に自信を見せていた。
 翻って日本。チャンネル数がすくなく、衛星放送もそれほど力を持てなかったため、TV各チャンネルの影響力はまだまだ大きい。「テレビCM崩壊」に対して疑問もこの効果の高さから出されることも多い。ただ、変化のあまりなかった業界であるからゆえ、この先の変化に対応していけるのかという疑問は残る。
 まあ、2011年までにどんなことが起こるか待ちましょう。

米一般家庭には104のテレビチャンネル

March 20, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Apple 1984 Mashup、ビックブラザーHillary

 2004年の大統領選挙を「ソーシャルネットワーク大統領選挙戦」として日経BP「Webマーケティングの近未来」で連載したが、2008年はビデオマッシュアップである。Appleのスーパーボウルでのスポット「1984」を使ってHillary Clintonをビックブラザーとしている。

リンク:YouTube:Vote Different

March 20, 2007 in Podcast/Vodcast | Permalink | Comments (0) | TrackBack

75%のGoogle Blogspotのブログがスパムブログ

 上位14のドメインのブログの74%以上がスパムブログであり、.info,.biz,などのトップレベルドメインでもスパムブログが多いことがわかった。ただし、この調査はYahoo!とMicrosoftにより行われたものである。

ソース:Search Enging Roundtable: 75% of Google's Blogspot Blogs are Spam

.

March 20, 2007 in Weblogs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

ハイブリッドクリエイティブの必要性

 新規メディアプラットフォームでの広告制作などを手がけるBrand New WorldのCCO、Alan SchulmanがMediaPostのコラムで、オンライン・オンエアなど関係ない、ハイブリッドクリエイティブの必要性を訴えている。これはブランディングエージェンシー、メディアエージェンシー、オンラインエージェンシーや特定のプラットフォームに特化した制作会社などを取りまとめなければならない広告主に負担となっており、社内でクリエイティブを統合できるような部署を持つTarge、Nike、Apple、Virginなどがうまくまとめているという。

ソース:OnlineVideoInsider:A Call for Hybrid Creatives

March 20, 2007 in Creative | Permalink | Comments (0) | TrackBack

ほとんどのトップブロガーが広告で収入を

 Search Engine JournalのLoren Bakerが、Steven Hudsonのブログでほとんどのトップブロガーが広告を受け付けている(The A-List dirty little Secret)というポストを受けて、ブログでの広告についての意見を述べている。彼自身、SEOコンサルティングの業務は多少あるものの、Search Engine Journalが主な収入源であり、ブログ広告が業界に与えた影響に感謝をしている。

ソース:Search Engine Journal:Most A-List Blogs Run Advertising

March 20, 2007 in Weblogs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

米一般家庭には104のテレビチャンネル

 Nielsen Media Researchによると、2006年にアメリカの一般家庭には104のテレビチャンネルがあり、この数は2000年の61、1990年の33から大きく伸びていることがわかった。ただし、ある程度の時間を見たチャンネルは2000年に持っているチャンネルの22%、2006年には15%とチャンネル数の伸びが、視聴チャンネル数の伸びを大きく超えている。

ソース:Cleveland.com: Nielsen: Average home has 104 channels

March 20, 2007 in Stats | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.03.19

今日の解説:TechCrunchのCEOにFox Interactiveの幹部が

 ブログがいよいよメディア企業化しつつあるということだろう。先陣にはGawker、Weblogs, Inc.などがいるが、Agile Media Networkが日本で行うような広告販売などのサポートもアメリカでは先を行って充実してきており、小規模なところ、あるいは個人ではじめられたブログが、人を引き入れ、多ブログ化しているケースも多い。GigaOMなどではベンチャーキャピタルからの投資まで受けている。
 と同時に、ブログの書き手(ライター)に変化がでてきたように思える。従来ならライターはライターであったのだろうが、TechCrunchを始めかなりの専門性の高いブログでは従来であれば“コンサルタント”“アナリスト”と呼ばれるような人たちによって書かれている。専門性の高い情報や高い分析情報がブログに公開されて来ているわけだ。これを“専門情報のコモディティ化”と見るべきかどうかは議論が分かれるが、少なくともメディアから情報ソースとして有用になりつつある理由の一つがここであろう。
 ad:tech NYに行った時に、某メディア会社の人にこのような話をしたら、その後、日本に帰って2人とも会社を辞めてしまったらしい。ちょっと申し訳ない気もしているが、同時にAgile Media NetworkのうたうExpert-Generated Mediaの市場は日本でも間違いなく伸びていくだろうと思う。

TechCrunchのCEOにFox Interactiveの幹部が

March 19, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.03.18

Million Dollar Adsのスーバーボウル版、MyBowlAd

MyBowlad.jpg

 来年のスーパーボウルの30秒スポットが300万ドルなら、サインを1秒10万ドルで売れば、と考えたのがこのMyBowlAdの3人組みだ。現在、TableShoxというテーブルを安定させるツールメーカーがスポンサーになっているようだ。

リンク:MyBowlAd

March 18, 2007 in Television | Permalink | Comments (3) | TrackBack

ad:tech名誉会長がPodcastサイト開設

PersonalLifemedia.jpg

 今まで何度かインタビューをさせてもらい、ad:tech名誉会長になったSusan Bratton氏から、昨年11月のad:tech NYの際にこの後何をするのを実は教えてもらったのだが、そのPodcastサイトの公開が近付いているようだ。今までテクノロジーやコメディ、スポーツのテーマが多かったPodcastに、人間関係や結婚、人生の目的などのテーマでPodcastコンテンツを提供するサイトになるようだ。

リンク:Personal Life Media

March 18, 2007 in Podcast/Vodcast | Permalink | Comments (0) | TrackBack

4大ポータルはますます強く

USOnlineAdatTop4.gif

USOnlineAdGrowthat4.gif

 Googoe、Yahoo!、AOL、MSNの4大ポータルのオンライン広告費シェアは、2004年47.8%から2006年には57.4%となりますます伸びていることがわかった。Googleの成長率は下がってきているものの、それでも4大ポータルでトップである。

ソース:eMarketer:The Big Four Get Bigger

March 18, 2007 in Online | Permalink | Comments (0) | TrackBack

TechCrunchのCEOにFox Interactiveの幹部が

TechCrunchHetherHarde.jpg

 スタートアップ企業を追いかけるブログTechCrunchのCEOにMySpaceなどを運営するFox Interactive MediaのM&A担当のHather Harde氏が就任することが決まった。TechCrunchがVCになるのでは、という噂も流れているようだ。

ソース:GigaOM: Fox executive new TechCrunch CEO

March 18, 2007 in Weblogs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Johnson&Johnson、昨年2億5000万ドルをマス広告から新規メディアにシフト

 広告調査会社TNS Media Intelligenceによると、Johnson&Johnsonは昨年のマスメディア予算の2億5000万ドル以上、22%を減らし、新規メディアにシフトさせていることがわかった。予算の一部はマーケティングR&Dとして新しいメディアなどを試すためにプールされているという。

ソース:AdAge: J&J Jolts 'Old' Media With $250 Million Ad Spend Shift

March 18, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.03.17

今日の解説;Microsoft:Liveサーチを使うとサービス・トレーニングのディスカウントを

 Googleは検索を超えて、オフィスソフトの世界に進出したりしてマイクロソフトの牙城に切り込んでいる。マイクロソフトも持てる力を使って、それに対抗していこうとする姿が見える。
 今回Office Ultimate 2007を買った大きな理由は中に入っている自分と関係ある人たちとのコミュニケーションや行動を視覚化するInterConnect 2007が入っているからで、先日から少し使い始めている。結構、英語版の新しいソフトは試している方なのでOfficeやOutlook回りのソフトで優秀なものがあることも気が付いていてVistaにまだ対応していないことが残念なものもあるが、その中で、検索行動の中で自分のLife Log(人生の記録)を検索する部分が大きくなっていることが気が付いている。デスクトップサーチでできる部分も大きいものの、それにソーシャルな面を付け加えたInterConnectに新たな可能性があるのではないかと見ている。
 検索市場での今の次元の競争ではなく、たとえばInterConnectを無料で提供し、その先にソーシャルネットワークをつけるなどした方が、Officeでのロックインができたり、次の検索の次元での競争で力になると考えるのだが。

March 17, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

R2-D2が手紙を集める

R2DR-Mail.jpg

 Star Warsの30周年記念と新しい切手のプロモーションのために、Star WarsのキャラクターR2-D2が米郵便局のポストになり200都市に設置されるという。米郵便局のサイトでもプロモーションが行われている。

USPS-R2D2.jpg

リンク:SeattlePI:'Star Wars' droid R2-D2 to collect mail

 

March 17, 2007 in Branded Entertainment | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Vlip、Webカムビデオソーシャルネットワーク

Vlip.jpg

 YouTubeとMySpaceの間のような、Webカメラによるビデオ共有ソーシャルネットワークサイトがVlipだ。上がったビデオに対して返事をしたり、ビデオメールを送るような機能もある。

リンク:Vlip

March 17, 2007 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

横断歩道を描く道具

fedexkinkosGuerrilla.jpg

 Fedex Kinkosがオフィス商品の販売を行っていることを示すゲリラマーケティング。上の写真は一瞬Photoshopか何かで作ったものにみえました。

ソース:adverbox: Fedex Kinkos

March 17, 2007 in Guerrilla | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Microsoft:Liveサーチを使うとサービス・トレーニングのディスカウントを

 マイクロソフトは企業ユーザーに対して、Liveサーチの検索件数に応じて、サービスやトレーニングでのクレジットの形で還元するサービスを始めた。登録時に25000ドルのクレジット、そして毎年PC一台あたり10ドルのクレジットがもらえる可能性があるようが、「The Search」の著者John Battelleはこれが裏目にでる可能性もあるとコメントしている。

ソース:BetaNews: Microsoft to Pay Business for Using Live Search

March 17, 2007 in Search | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friendster、ソーシャルネットワークの3つ目の特許を取得

 ソーシャルネットワーク市場をスタートさせた企業とも言えるFriendsterが3つ目の特許を取得した。「System and Method for Managing Connecitons in an Online Social Network(オンラインソーシャルネットワークでつながりを管理するシステムや方法)」というもので、これ以外にFriendsterはソーシャルネットワークでのコンテンツの配信などに関する特許を取っていることから「ソーシャルネットワークでのつながり、コンテンツの配信・共有というソーシャルネットワークの基本的な部分の特許は押さえた」と同社のマーケティングVPはコメントしている。

ソース:CNET: Friendster lands a third patent

March 17, 2007 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.03.15

今日の解説:広告会社のバイラルマーケティング

 2006年のデジタルマーケティングのトレンドを数々のキーワードでまとめたPDFである。まだすべてを読み終えたわけではないが、Ad Innovatorをまとめたら、こういう感じなのだろうなあ、という風に考えた。Thought Leaderと呼ぶのだが、その業界での最先端の知識を持っていてそれを無料で提供することはバイラルを生む。これによってavenue a razorfishが仕事を取ることはないだろうが、業界(求人の上で重要)や広告主からの評価は上がるだろう。
 マスメディアからコミュニティやブログなどへの権威の移行(Authority Shifting)や見える化(Visualization)、即時性・リアルタイム(Immediacy)などの重要なキーワードが解説されている。

広告会社のバイラルマーケティング

March 15, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

広告会社のバイラルマーケティング

avenuea2007.jpg

 デジタルエージェンシーavetue a razorfishが彼らの考えるオンラインの状況の白書「Digital Outlook Report 07」をPDFで公開した。2006年を大きな変革の年ととらえ、デジタル環境により消費者が大きく変革した様子を自らがこの分野でのエキスパートであるという感じで解説している。

リンク:avenue a razorfish:Digital Outlook Report 07(PDFが開きます)

March 15, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

お願い:ブログ読者アンケートにご協力ください

 プレミアムブログネットワークAgile Media Networkでは、各有力ブログをどういう方が読んでいたり、どのブログが読者の重なりがあるか、新たな情報提供サービスなどの可能性を調べるためのアンケートを始めました。無記名ですのでAd Innovatorの読者の方々もぜひご協力いただきたく思います。下記がその内容です。よろしくお願いします。

ブログ読者アンケートに是非ご協力ください。

agilemedia_logo1.jpg このたびアジャイルメディアで、ブログ読者アンケートを開始しました

 インターネット利用者のアンケートは良くありますが、ブログの読者の方々というのは、どういう方が多いのか、ブログ読者の方々はどういう情報を必要としているのか、私たちもまだ分からず試行錯誤をしているところです。
 今回のアンケート結果を、今後のサービスに反映していきたいと考えています。

 無記名のアンケートになりますので、是非率直な感想やご意見をお寄せください。
 アンケート結果の概要については、こちらのブログでも報告する予定です。


アンケートフォームはこちら
amnform.png

March 15, 2007 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

商品情報検索はオフライン情報から始まる

offlineToSearch.gif

 米小売広告・マーケティング協会(Retail Advertising and Marketing Association:RAMA)と調査会社BIG Researchによると、商品情報の検索は広告や製品情報の記事から始まることがわかった。RAMAは、検索広告だけではなく、他の広告も忘れてはならない、としている。

ソース:eMarketer:Online Product Searches Begin Offline

March 15, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

ページビューの代わりにVisit?

 オンライン視聴率調査comScoreは、サイトのトラフィック調査などを行うMedia Metrixのサービスで、トラフィックとエンゲージメントを示す指標として訪問数を表わすVisitを加えるという。30分以上経った訪問を別々のものと考え頻度を取ることで、サイトに対するエンゲージメントや利用度を測るとしている。

ソース:ClickZ: Can 'Visits' Replace Pageviews?

March 15, 2007 in Online | Permalink | Comments (0) | TrackBack

IAB、Lead品質のガイドラインを公開

 オンライン媒体の業界団体IABのLead Generation Committeeは、Lead(顧客に結びつく潜在顧客)の品質に関してのガイドラインを発表した。その潜在顧客がどこから来たか、モチベーションはどこにあるか、どれぐらい時間が経っているか、などによりLeadをランキングするシステムを提示している。

ソース:IAB:Marketer & Agency Guide to Lead Quality(PDFが開きます)

March 15, 2007 in Online | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Aegis、売上の20%がデジタルから

 広告代理店グループAegisが2006年の財務情報を公開したが、売上の自然増で対前年7.7%伸び、“素晴らしい年”だったと発表した。デジタルの売上比率は20%で2005年の15%上昇し、大手広告代理店グループの中で、最も"デジタル化”しているグループだという。

ソース:MediaDailyNews:Aegis Reports 'Excellent' Year, Digital Media Now 20% Of Its Business

 

March 15, 2007 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.03.14

2050年のテクノロジー・イノベーションを占う

2050Technology.jpg

 未来のトレンド予想を行うWhat's Nextで1900年から2050年までのテクノロジーのイノベーションやトレンドをまとめている。フラットなグローバル税金システムや人口脳、セルフクリーニング住宅、ビデオ壁紙など多数のトレンドが提示されており、、Web4.0も2050年ごろやってくるらしい。

ソース:What's Next:Innovation Timeline 1900-2050(PDFが開きます)

March 14, 2007 in Technology | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Consumer-Generated Animationサイト、mytoons

Mytoons.jpg

 YouTubeのアニメ版とも言える消費者作成アニメサイトがmytoonsだ。Beta公開されたばかりだが300以上上がっているようである。

リンク:mytoons

March 14, 2007 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Federated Media、CEOはFox Interactiveから?

battelle-finger.jpg

 「The Search」の著者、John Battelle率いるプレミアムブログネットワークのFederated MediaがCEOをFox Interactiveから引き入れるのでは、という噂が流れているらしい。MySpaceやゲームサイトIGNなどを運営するFox Interactiveには人材がいるので当然の噂とValleywagではまとめている。

ソース:Valleywag:Who's Federated Media's new CEO?

 

 

March 14, 2007 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006年の米屋外広告市場は8%増加

 米屋外広告協会(Outdoor Advertising Association of America)によると、2006年の屋外広告市場は68億ドルで対前年8%の増加で、インターネットに次ぐ2番目の伸びをみせたメディアであることがわかった。デジタルテクノロジーが導入され過去10年で68%の延びたという。

ソース:Mediaweek:OAAA: Outdoor Advertising Up 8% in '06

March 14, 2007 in Outdoor | Permalink | Comments (0) | TrackBack

インターネットラジオの終わり?

 3月5日のCopyright Royalty Boardが決定した音楽ロイヤリティの仕組みは、今までインターネットラジオは収入の数%支払えばよかったのから、曲数と聴取者数をベースにしたものにかわり、ロイヤリティ支払が10倍以上になる可能性があり小さなインターネットラジオ局はビジネスを続けることができない可能性が高いという。すでに一部ではインターネットラジオの運営を海外に移したり、音楽をあまり使わずトークショーフォーマットに変えたり、広告スペースを増やしたりしているという。

ソース:BusinessWeek: The Last Days of Internet Radio?

March 14, 2007 in Online | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2007.03.13

今日の解説:ページビューの死

 もう一つのページビューなどの指標をめぐる議論として、誰が提供するデータをもって広告の売買をする指標にするかという議論がある。テレビならNielsenが視聴率を取っているし、出版物ならABCが発行部数を第3者として調べている。日本では普及が進んでいないが、アメリカでは広告主がオンライン媒体社の提供する数字を信頼していなかったり、媒体社ごとにインプレッションの定義が違っているため、第3者広告配信サービスを利用して広告を配信するとともにこの配信システムで取ったインプレッションなどで売買をするケースがほとんどだ。先日、ABCの監査に関する調査についても伝えたが、オンライン媒体が信頼されるためにも、指標の共通化は進んでいくようだ。

ページビューの死

March 13, 2007 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

PS2:人間ルービックキューブ

PS2RubkcCube.jpg

 チリでのキャンペーンらしい。何となく自分の頭の中を見られたかのような気がしてあげてしまった。

ソース:Twenty Four:PS2 Rubicks Cube!

March 13, 2007 in Creative | Permalink | Comments (0) | TrackBack

ビデオ制作者がもっとも稼げるビデオ共有サイトは

PayingVideoSharingSites.jpg

 Light Reading でビデオ共有サイトの収益シェアの比較を行っている。このシナリオではBlip.tvが最もよいようだ。

ソース:Light Reading:Online Video: Show Us the Money

March 13, 2007 in Podcast/Vodcast | Permalink | Comments (0) | TrackBack