« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.31

今日の解説:tveyes:話された言葉を検索するビデオ検索エンジンを発表

 耳の聞こえない人向けのサービスであるクローズドキャプションのため、音声をテキストにする技術を使っていると考えられるが、tveyesは放送された内容をモニタリングするための技術だ。PR露出などをトラッキングするために使われているらしく、FordやXeroxなどというクライアントやPR会社のBUrそんーMarstellerなどが入っている。PodcastやVlog化するCGMも近い将来このような技術を使ってトラッキングすることになるのだろう。

January 31, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google Map時代の広告Mashup

GoogleMapAd+QR.jpg

 先日、Google Map時代の広告というTargetの例のことを書いたら、「アバカムとアストロン」さんがそのMashupを提案。オンラインコラボみたいでいいですねぇ。

リンク:アバカムとアストロン: Google Map時代の広告+QRコード

January 31, 2006 in Local | Permalink | Comments (0) | TrackBack

tveyes:話された言葉を検索するビデオ検索エンジンを発表

TVeyes.jpg

 TVのモニタリングなどのサービスを行い、Podcast検索エンジンのPodscopeを提供しているtveyesがビデオの検索を始めた。

リンク:tyeyes

January 31, 2006 in Search | Permalink | Comments (0) | TrackBack

JupiterResearch:TVとWebの接触時間は同じ長さ

 調査会社Jupiter Researchによると、オンラインユーザーは平均でWebで過ごす時間とTVですごす時間が週14時間で同じであることがわかった。新聞や雑誌はこれほど時間が使われておらず、TV局や新聞社はすぐに彼らのオンラインサービスをプロモーションしないと、新しい世代の視聴者・読者を失う、とまとめている。

ソース:TechWeb:People Spending Equal Time On TV, Web

January 31, 2006 in Stats | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Craigslistの創始者とJeff Jarvisが調査報道ジャーナリズムのベンチャーを

 Craigslistの創始者Craig Newmark氏とBuzzMachineのJeff Jarvis氏が、信頼できる調査報道をするジャーナリストを助けるようなベンチャーを考えているらしい。今やアメリカのニュース機関はこのようなニュースを流すところがなく、マイクロペイメントで記事ごとか購読料のシステムにするという。

ソース:Information Week:Craigslist Founder Envisions Improved New Media

January 31, 2006 in Business | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.30

今日の解説:Ford、メディアプランをAccentureに依頼

 90年代半ばから、広告主に代わって新しいキャンペーンを担当する広告代理店の選別のために、競合プレゼンに参加する代理店を選定したり、交渉を行ったり、キャンペーンのブリーフィングを行うコンサル会社が登場してきた。彼らはどのようにしていい企画を得ながら、好条件を代理店から得るかということに焦点を置いてきているようだ。それがまた新たな段階として、第3者として代理店のメディアの使い方や予算の使い方についての分析を行うという機関が必要で、そうでなければ今のマスメディア偏重が変わらないということなのだろう。

January 30, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

大手広告主が店頭棚のワイヤレスビデオを使用

shelfad012606.jpg

 Coca-ColaやKraftなど大手広告主は、店頭で人が通り過ぎると10秒ほどのビデオ広告を自動的に流すシステムを使っているという。ShelfAdsと呼ばれるこのデバイスは、一つ300ドルほどで作ることができ、ワイヤレスで離れたところにあるサーバーから広告を配信できる。

ソース:AdAge:WIRELESS STORE SHELF VIDEO ADS TESTED BY BIG MARKETERS

January 30, 2006 in New method | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Ford、メディアプランをAccentureに依頼

 北米ビジネスの改革プランを発表した自動車メーカーFordは、コンサル会社Accentureにアメリカでのメディア測定と、メディアミックスや広告費分配の最適化を担当させることになり、これがFordの代理店WPPのビジネスに大きく影響を与えることになると考えられている。Accentureは以前にも、マーケティングROIについてやオンラインでのeラーニングのプログラムを行ったが、12月にMedia Auditsを買収し、同社のMarketing Sciences部門に統合した。

ソース:AdAge:FORD RECRUITS ACCENTURE FOR MARKETING PLAN

January 30, 2006 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

オランダ観光局、25人のブロガーをアムステルダムに招待

 「Bloggers in Amsterdam」と題されたこのキャンペーンはBlogAdsがブロガーとの橋渡しを行い、CityRag、AmericaBlog、TalkLeft、Slice NY、Jossipなどトップブロガーたちにトップクラスのホテルへ5泊を提供するという。その代わりに、観光局によってブロガーのインタビューが行われ、広告スペースを提供する必要があるが、ブロガーは全くその旅行について書く必要がないという。

ソース:OnlineMediaDaily:Bloggers Get Amsterdam Junket

January 30, 2006 in Weblogs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.29

今日の解説:CBS、Warnerが両社のTVネットワークを合併

 TV視聴者の細分化が言われている今日であるが、この記事でもで、シラキュース大学の教授が言っているようにすでにネットワークが5つあるのは多すぎるというのが現実のようだ。TVCM市場がこれから伸びないということが見ているとき、やるべきことはどのように赤字を削るかという話になる。
 もう一つのSpot Runnerの記事に見られるように、これからのメディアの運営は、どのように既存の枠の中でコストを削っていくか、あるいは、今まで広告主として入って来ていない層に少ないリスクで広告主になってもらう方法をつくるかにかかっているように思える。

January 29, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

SpotRunner:ケーブルTVローカル広告配信システム

SpotRunner.jpg

 ベータラウンチしたSpot RunnerはケーブルTVチャンネルのローカル広告を簡単に放送させるためのシステム。CMライブラリーに自分の会社のロゴを貼り付けてCMをつくるなどできるという。

リンク:Spot Runner

 

 

January 29, 2006 in Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

CBS、Warnerが両社のTVネットワークを合併

 11年前にスタートし視聴者の獲得に苦労しているCBSのUPNとWarnerのWBネットワークが合併し、2006年9月にCWネットワークとしてデビューする。CWはUPNやWBに比べて、コスト効率のよい運営となりデビュー時から利益を生むと考えられている。

ソース:Boston.com: CBS, Warner to form new network, close UPN, WB

January 29, 2006 in Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google AdSense: リッチメディア広告をベータテスト

 GoogleのAdSenseがインタースティシャルやフローティング広告のベータテストを始めるために、オンライン媒体に先々週連絡をはじめたという。キャンペーンはコンテンツ連動というより、サイトターゲットによるものと考えられている。

ソース:JenSense: Google AdSense begins rich media beta test

January 29, 2006 in Context | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.22

ブログマーケティングセミナーを2月14日に行います

    BlogSeminar.gif

     「米国ブログマーケティング調査報告書2005」の出版元インプレスインターネット生活研究所主催のビジネスフォーラムとして、「ブログマーケティング 最新動向セミナー」を行います。その中で「米国ブログマーケティング最新状況」として、「メインストリーム化するブログマーケティング」というテーマで講演を行う予定です。
     「図解ブログマーケティング」を出したカレンの四家さんやブログキャンペーンを数々企画しているビーコンの渡辺さん、CGMトラッキングのテクノラティの山崎さんと、ブログマーケティングといえばこの人、という人たちが講師に揃っています。詳細は以下のようになります。

                                    
                ブログ、RSS、XML、Atom、トラックバック、といった仕組みが作り出す新しいコンテンツ環境は、メール、ウェブに続く第三のインターネットを作り上げつつあります。本セミナーでは、それらの今まさに進化している状況をつかみ取るために、ブログビジネス、米国事情、ブログ検索エンジンなどを多角的に読み解くことを目指しています。インターネット上における企業と顧客の関係は、ある意味で新しく、ある意味で古いものです。これまでと、なにが変わっていて、なにが変わっていないのかを、ブログマーケティングの先駆者の方々の言葉によって、実感できることを目指したセミナーです。             
                                    
                開催概要             
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
                日  時:                              2005年 2月14日(火) 13:00~17:00             
                            
                場  所:                              日本教育会館
                東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2             
                            
                交 通:                              都営地下鉄新宿線・営団半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
                都営地下鉄三田線神保町駅(A8出口)下車徒歩5分
                東京メトロ東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分
                東京メトロ東西線九段下駅(6番出口)下車徒歩7分
                JR総武線水道橋駅(西口出口)下車徒歩15分             
                            
                参加費:                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
                                一般                                                             13,650円(テキスト・税込)                            
                               
                                    早期お申し込み
                                    
(1月25日お申し込み分まで)                                
                           
                                10,500円(テキスト・税込)                            
            
                            
                定  員:                              100名 (先着) 定員に到達次第申込み受付を終了します。             
                            
                主  催:                              株式会社インプレス インターネット生活研究所             
                                    
                タイムテーブル             
                                    
                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
                                                12:30                                                                                             開場                                            
                                                13:00~13:10                                                                                             開演/主催者ご挨拶                                            
                                                13:10~13:50                                                                                             セッション1「ブログマーケティングの基本」
                                                四家正紀 株式会社カレン 広報部長
                                           
                                                13:50~14:30                                                                                             セッション2「米国におけるブログマーケティング最新状況」
                                                織田浩一 アドイノベーター/デジタルメディアストラテジーズ
                                           
                                                14:30~14:50                                                                                             休憩                                            
                                                14:50~15:30                                                                                             セッション3「企業におけるブログの受容と需要」
                                                渡辺英輝 ビーコンコミュニケーションズ
                                           
                                                15:30~16:10                                                                                             セッション4「CGMで見えない顧客の声をくみ上げる」
                                                山崎富美 テクノラティジャパン
                                           
                                                16:10~16:50                                                                                             パネルディスカッション                                            
                                                17:00                                                                                             閉会                                            
                           
            


   
    お申し込み、詳しい情報は以下のページにアクセスして下さい。
    http://direct.ips.co.jp/book/internet/seminar060214/
   

January 22, 2006 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.19

お知らせ:来週のブログ、メルマガの更新お休みします

 来週はアテンド業務のため、ブログ・メルマガの更新をお休みさせてもらいます。再来週30日から通常に戻ります。

January 19, 2006 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

今日の解説:iTunesユーザーはVW好き?

 現在、アメリカや日本など先進国で商品やサービスを売っている企業は、製品を売っているわけではなく、その商品やサービスが提供するライフスタイルを売っているのであると考えなければならない。トヨタ、ニッサン、ホンダもVW、Audiもジャガー、ランボルギーニも、車という機能的には変わりはないが、それぞれが何からのライフスタイルを提供しているのである。そのような中で商品間のクロスプロモーションを考える上で、このような商品やサービスのクロスデータはとても重要になってくる。考えれば考えるほど面白いなあ。

January 19, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

ビデオSNS、YouTubeが売られるとの噂

youtubelogo.png

 ビデオSNSのYouTubeが売られるとの噂がシリコンバレーてたっているらしい。追記でかなり憶測に過ぎないとしている。

ソース:Techcrunch: YouTube Acquisition Rumors

 

January 19, 2006 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

オフラインのクチコミを調査するサービスTalkTrack

 クチコミマーケティングの入門書とも言える「The Influentials」の著者であり、調査会社Roper ASWのCEOであったEd Keller氏が、クチコミの80%といわれるオフラインのクチコミを調査する会社The Keller Fay Groupをスタートさせた。毎日100人のアメリカ人にブランドやメディア、購入決定に影響を与える会話がなんであったかを尋ねるという。

ソース:AdAge:'INFLUENTIALS' AUTHOR STARTS WORD-OF-MOUTH COMPANY

January 19, 2006 in WOM | Permalink | Comments (0) | TrackBack

iTunesユーザーはVW好き?

 Neilsen//Netratingの調べによると、平均的なiTunesユーザーは、Volkswagenに乗り、ハードサイダー(アルコール入りのサイダー)を飲み、Wiredを読み、Cartoon Networkを見ていることがわかった。車で言うとVWの次にAudi、Subaruが並び、ハードサイダーの次に国産ビールが来ているという。

ソース:BetaNews: iTunes Users Drive VWs, Read Wired

January 19, 2006 in Podcast/Vodcast | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.18

今日の解説:Google Map時代の広告

 どうやってROIを検証するかというのはありますが、リアルとバーチャルの間におけるマーケティングというところがもっと面白くなっていきそうですね。

January 18, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

日経BP Webマーケティングの近未来 ソーシャルネットワーク大統領選挙戦(23) あがっています。

Thefutureofwebmarketing.png

前回に続き、バーチャルとリアルをつなぎ合わせるソーシャルネットワークサービスMeetupについての解説を続ける。

ハワード・ディーン陣営は、2003年にDean for AmericaブログとこのMeetupのシステムを使って草の根キャンペーンを行った。2月に1200人しかいなかったサポーターが、1カ月後には5000人、そして彼が候補者としてのキャンペーンを終えた2004年2月には18万人がメンバーになっていたという。

日経BP Webマーケティングの近未来 ソーシャルネットワーク大統領選挙戦(23)
http://nikkeibp.jp/style/biz/marketing/orita/060117_23th/

 

 

January 18, 2006 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google Map時代の広告

advertising_google_map.jpg

 アメリカの小売チェーンTargetが自社のロゴを店舗の屋上に書いている。そのうち、屋上に書き出すキャンペーンなどもはじまるのだろうか。

リンク:Target on Google Map

January 18, 2006 in Local | Permalink | Comments (0) | TrackBack

オープンソース小説作成システム:glypho

glypho.jpg

 小説のアイデアを提供し、それをベースに他のユーザーが様々なシーンのアイデアを提供、それをユーザーが投票で選んで・・・、というようなプロセスを使って小説を作成するソーシャルネットワークがglyphoだ。ミステリー、スリラー、サイバーパンクなどのカテゴリーが用意されている。

リンク:glypho

January 18, 2006 in Open Source Marketing | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Video iPodはTV番組の視聴率の向上に役立つ

 iPod情報を提供しているiLoungeによると、NBC、ABCなどiTunes Music Store/iPodにTV番組を提供しているTVネットワークで視聴率が向上していることがわかった。NBCは提供した番組「The Office」で18-49歳の視聴率が先週の4.5%から5.1%に、ABCでも番組により3%から28%あがったという。

ソース:iMedia Connection:iTunes Downloads Boost TV Viewership

January 18, 2006 in Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.17

今日の解説:Google:ラジオ広告会社dMarcを買収

 Googleのオフラインメディア戦略が新たな段階を迎えた。
 何より重要なのはGoogleのAdwords、AdSenseでは、キーワードやコンテンツとそこに出された広告がどれだけクリックされているかという関係を測るシステムとそのコンテクストデータが多量にあることだろう。これにより、オフラインのメディアでもコンテクスト性を上げていくようにテストを繰り返して行き、効果をあげることが可能だと思われる。
 次はいよいよTVでしょうか。

January 17, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

宣伝会議 eマーケティングの未来を読むキーワード Vol 16 「バイラル広告」後半出ています

senden060115.jpg

 宣伝会議の1月15日号がすでに出ていまして、eマーケティングの未来を読むキーワードでは「バイラル広告」後半となっています。

宣伝会議  2006年1月15日号
http://www.sendenkaigi.com/hanbai/magazine/sendenkaigi/index.html

January 17, 2006 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

ブログコミュニティサイトGather:600万ドルのベンチャー投資を受ける

Gather.jpg

 スタートアップのブログコミュニティサイトGatherがAllen & Coなどから600万ドルの投資を受けた。将来的にはブログに広告を入れるなどということを考えているという。

ソース:OnlineMediaDaily:Blog Network Gets $6M
リンク:Gather.com

January 17, 2006 in Weblogs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google:ラジオ広告会社dMarcを買収

 Googleは、ラジオ広告の購買、プレースメント、トラッキングなどを行うdMarc Broadcasting Inc.を一億200万ドルから業績次第では11億ドルを超える金額で買収するという。dMarcの技術はGoogleのAdwordsとインテグレートされ、マスメディアでのAdwordsによる広告売買の業務をすすめるという。

ソース:WSJ:Google Agrees to Buy dMarc, Extending Its Reach Into Radio

January 17, 2006 in Radio | Permalink | Comments (0) | TrackBack

VNU:IntelliseekとBuzzMetricsを合併させNielsen BuzzMetcisへ

 CGMトラッキングのBuzzMetricsは、以前VNU傘下のTrendumと合併したが、さらにVNUはIntelliseekも合併させ、VUN傘下のNielsenグループの一部としてNielsen BuzzMetricsとしてCGMトラッキングの標準化を狙うという。同時に、このニュースとは別にVNU自身が買収されるという話も進んでいる。

ソース:Nielsen BuzzMetrics: VNU Brings Together BuzzMetrics, Intelliseek to Create Nielsen BuzzMetrics Service

January 17, 2006 in CGM | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.16

今日の解説:BzzAgent:1400万ドルのベンチャー投資を受ける

 CEOのDave Butler氏にあったのは2004年11月のことであるが、その時には6万人のBzzAgenttがいるということで、今は倍になっているし、英語だけではなく、アメリカの大きく伸びつつあるヒスパニック(メキシコ・ラテンアメリカ系)の人口の伸びにしたがって、スペイン語のサービスも始めている。文化的にあうか分からないがヨーロッパでの展開などの話を去年半ばにあったときにしていた。
 クチコミマーケティング業界は今、大きな変化のときを迎えており、大手広告代理店による買収の話や調査会社からCGMトラッキングなどの買収・投資の話が進んでいる。マーケティングの一手法として、事業として確立してきたということだろう。

January 16, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

TuneCenter:Video iPodをTVにつなぐデバイス

TuneCenter.jpgTuneCenterBack.jpg

 iPodのアクセサリーなどを作っているGriffinがVideo iPodなどをTVやオーディオシステムにつなぐドックを公開した。Mac MiniがDVRになるという噂がでているが、MacWorldでは発表されておらず、そこに向けての商品である。

ソース:PVRBlog: Griffin's new TuneCenter

January 16, 2006 in Podcast/Vodcast | Permalink | Comments (0) | TrackBack

BzzAgent:1400万ドルのベンチャー投資を受ける

 クチコミマーケティングエージェンシーBzzAgentが1400万ドルの投資をGeneral Catalyst PartnersとIDG Ventures Bostonから受けた。現在、13万人いるクチコミマーケティングエージェントを使ってマーケティングするというサービスを Anheuser-Busch や Volkswagen.など大手広告主に提供している。

ソース:WSJ:Buzz Marketers Score Venture Dollars

January 16, 2006 in WOM | Permalink | Comments (0) | TrackBack

マイクロソフト、行動分析型ターゲッティング広告を公開

 マイクロソフトがGoogle Labに対抗するMicrosoft adCenter Incubation Labを公開したが、そこで開発されている広告フォーマットのうち、最も早く市場に出てくるものとして行動分析型ターゲティングのデモが行われたという。この他にもビデオハイパーリンク広告のデモも行われたという。

ソース:OnlineMediaDaily:Microsoft Demos Behavioral Targeting

January 16, 2006 in Behavioral Targeting | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.14

1月16日はアメリカの祭日のためブログ・メルマガの更新をお休みします

MLK.jpg

 16日(月)は、アメリカの公民権運動の父とも言えるマーティン・ルーサー・キング牧師の誕生日を祝って、アメリカでの祭日のため、ブログ・メルマガの更新をお休みします。

January 14, 2006 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.12

今日の解説:Google、モバイルClick-to-Call広告の特許を申請

 解説というほどではないのですが、今年もGoogleとApple iPodとTiVoのことについてたくさん書くんだろうなあ、と考えているところです。2004年6月でこのようなモバイルClick-to-Callの特許を考えているというこは、今はどんな特許を申請しているのか、とても気になりますね。

January 12, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google Local:地図上での広告をテスト開始

GoogleLocalAd.jpg

 Google Localが地図上での広告をテストし始めたらしい。例えば、NYでHotelを検索すると広告主が青いマークで示される。

リンク:Google Local - NY Hotel

January 12, 2006 in Local | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Google、モバイルClick-to-Call広告の特許を申請

 Googleが携帯端末でClick-to-Call機能を持つ広告を配信するCall-on-select機能とGoogleが呼んでいる特許を2004年6月に申請していたことがわかった。デバイスの形状や、コンテクスト、行動分析によりどのような広告が最も有効化を判断するというものも含まれているという。

ソース:ClickZ: Google Looks to Patent Mobile Click-to-call Ads

January 12, 2006 in Search | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Googlezonではなく、Amazonの競合に?

 GoogleがAmazonと合併してGooglezonになるというのはEPIC2014の話だが、GoogleのCEO Eric Shmidt氏はラスベガスで行われたCESでAmazonの競合となるオンラインブックストアの可能性を示唆した。ただし、現在、出版社などからの訴訟などもあり、その状況次第ということだ。

ソース:BBCNews: Google mulls online book future

January 12, 2006 in Industry | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.11

今日の解説:2005年は消費者作成コンテンツの年

 2005年2月にCGMについてWeb広告研究会のフォーラムで講演してから、あっという間に日本でもCGMに関する話題が広がった。
 事のはじまりは、CNETの情報化社会の航海図ブログを展開している渡辺聡氏にインタビューされて、2004年11月に彼が主宰するEmerging Technology研究会の集まりに呼ばれ、「新しいテクノロジーではないのになあ」などと思いながらCGMのことを1時間半ぐらいしゃべった。その前に日経BPのコラムでも書いていたので一部の人には理解されていたようではあるが、なぜこれが革命的なのか(少なくともマーケティング、メディアビジネス上では)きちんと把握してもらえたかが良く分からない場だった。ただ、Web広告研究会の幹事を務める四家さんがその面白さを理解していただき、Web広告研究会での講演につながった。
 そしてブログブーム、SNSブーム、Podcastブームが続いてきており、CGMはすっかり業界の一般用語として定着したし、Web広告研究会ではブログとマーケティングの関係についての調査を行ったりしている。日本でも2005年は消費者制作メディア、コンテンツの年といえるだろう。
 ただ、これは去年だけのブームではない。
 すでにアメリカではビデオSNSサービスなどが伸びているし、ティーンがオンラインコンテンツを作る率は、一般のネットユーザーに比べて著しく高いという調査も出ている。日本でもこの辺りは変わらないと考えるし、これからMixi、Greeなどもビデオを取り込んでいくだろう。コミュニケーションとメディアとコンテンツがますます分けにくくなっていくという環境がますます進んでいくに違いない。
 企業のマーケティングコミュニケーションも、このコミュニケーションとメディアとコンテンツが入り混じった、現在進行形の環境に対してアプローチを考えていかなければならない。TVという従来の方法をマスコミュニケーションで使いながらも、お邪魔するという意識が必要とか、企業と一消費者の双方向のコミュニケーションとか、苦情に24時間以内に答えるとか、消費者との接点の様々なレベルで意識改革、仕組み改革が必要である。次のステージに対する準備段階に入っているということだ。
 

January 11, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Channel 4のバイラルオスカーは「Juiced」に

juiced.jpg

 イギリスのChannel4が主催したバイラルCM賞には、コンピューターゲームのJuicedのためのものが選ばれた。2人の男が車の中でゲームを始めるのだが、そのコントローラーが近くに立っている女性の服をコントロールできることに気づいたというもの。ヌードもあるのでオフィスでの視聴はご注意。

リンク:Juiced

January 11, 2006 in Viral | Permalink | Comments (0) | TrackBack

VOD調査:視聴者はお金を払うよりCMを見る

 調査会社Points North GroupとHorowitz Associatesが11月に800人のアメリカ人を対象にした調査によると、62%が自分が見逃したTV番組をVODで見るときにお金を払うよりCMを見ると答えたという。若い層ではもっと無料で見れることへの傾向が強く、現在進んでいる番組当り$1.99という価格設定に疑問が投げかけられている。

ソース:MediaDailyNews:On Demand: Consumers Prefer Ads To VOD Fees

January 11, 2006 in VOD | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2005年は消費者作成コンテンツの年

 オンライントラフィック調査会社Hitwiseのシニアリサーチャーが2005年をCGC(Consumer-Generated Content:消費者作成コンテンツ)の年として、5つのトレンドを抽出している。

  1. ソーシャルネットワークの夜明け
    MySpaceジェネレーションが生まれた年。
  2. Wikipediaがトップの参照サイトになる
    Dictionary.comを超えて、トップの参照情報サイトに消費者参加型百科事典サイトWikipediaがなった。
  3. Flickrとタグが流行りに
    写真共有SNSサイトFlickr、そしてそれらの写真をカテゴリーわけするためのキーワードであるタグの普及が一気に普及。
  4. ブログ、ブログ、ブログ
    言うまでもなく、ブログの年。中にはトップ2500のネットサイトに入るものもある。
  5. ビデオ検索がバイラル的に拡がる
    Google Video、YouTubeなどが大きくトラフィックを伸ばした2005年後半。

ソース:iMediaConnection:The Year in Consumer Generated Content

January 11, 2006 in CGM | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.10

今日の解説:マードック:MySpaceをYahoo!の競合ポータルに

 アメリカでは、Web 1.0組のYahoo!は、すでにティーンやGeneration Yの一部からダサいブランドだと考えられているところがある。ほんの2年ぐらいのMySpaceがティーンを中心としたサイトとして大きく伸びていることや、Yahoo!、MSNなどがきちんとティーンを取り込めていないことなどからもそれは理解していただけると思う。News CorpによるMySpaceの買収や最近のYourTubeRevverなどの事件でこれが大きく変わるのだろうか。
 いずれにせよ、メディアは視聴者・読者とともに年をとる。新しいメディアとして10年ほど前に生まれたYahoo!がすでにブランドとして古く感じられているところに難しいところがある。オンラインメディアでは時間が早く経ってしまうということもある。今、Web2.0企業といってもてはやされているオンライン企業もWeb 3.0の頃にはダサいブランドになっているのだろうか。

January 10, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack

宣伝会議 12月15日号にad:tec NYレポートでています

20051215sendenkaigi.jpg

 ちょっと遅れましたが、いつもの連載「eマーケティングの未来を読むキーワード」に加え、宣伝会議12月15日号に「半年後の日本の広告界が見える -ネット広告を超えて ad:tech NY 2005現地レポート」がでています。記事がオンラインで公開されていないので、雑誌を手にしてください。

リンク:宣伝会議

January 10, 2006 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

WebDesinging 1月号で2005年のWebシーンについてタカヒロ氏と対談しています

Webdesigning012006.gif

 いつもの連載「近未来Netマーケティングレポート」にl加えて、この号ではmediologicのタカヒロ氏と2005年のWebシーンについて振り返る対談をしました。「広告業界はカンブリア紀!?」などというコメントも飛び出す楽しい対談でした。残念ながらオンラインでは公開されていませんが・・・。

リンク:WebDesigning 1月号 特集2:大分析! 2005年のWebシーン ―この潮流を把握せずに、2006年も闘えますか?―

January 10, 2006 in Announcement | Permalink | Comments (0) | TrackBack

日経BP Webマーケティングの近未来 ソーシャルネットワーク大統領選挙戦(21) あがってます

Thefutureofwebmarketing.png

日本では、アメリカよりもずっと携帯によるネットアクセスが普及しているが、政治キャンペーンが規制されているせいか、携帯を使った政治運動という話はあまり聞かない。

この「ソーシャルネットワーク大統領選挙戦」でも、以前、ヘッジファンドで有名なジョージ・ソロス氏がサポートする団体がPalm Pilotに入ったデータベースを使って、一軒一軒の家を回りながらその家族の情報を集めた、ということはお伝えした。今、アメリカでも、ネットにつながる携帯電話がものすごい勢いで普及しつつあるが、それを受けてか、ジョージワシントン大学のポリティカルマネジメント・プログラムのInstitite for Politics, Democracy & the Internet (IPDI)が「Politics to Go」というガイドを発表している。

日経BP Webマーケティングの近未来 ソーシャルネットワーク大統領選挙戦(21)
http://nikkeibp.jp/style/biz/marketing/orita/060110_21th/

January 10, 2006 in Announcement | Permalink | Comments (1) | TrackBack

MySpaceもフリービデオを公開

MySpace.jpg

 MySpaceがビデオサイトを公開した。インディビデオスポットライトというテーマでコンテンツを展開している。

リンク:Myspace Videos

January 10, 2006 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

MySpace今度はRevverについてセンサーシップか

 YourTubeに関してのセンサーシップでブログ界で話題になっているMySpaceだが、今度もビデオシェアリングサービスのRevverについて触れられたことが消されているという。Revverの創始者Oliver Luckett氏はMySpaceがRevverを競合と見ていることからこのようなことが行われていると語っている。

ソース:CNET: MySpace banning Revver?

January 10, 2006 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

マードック:MySpaceをYahoo!の競合ポータルに

 News Corpのルパード・マードックが最近買収したソーシャルネットワークサイトMySpaceをYahoo!などポータルに競合するようなビジネスにしていくと、メディア投資家とのコンファレンスで語った。2004年1月にスタートしたMySpaceは4700万人のメンバーがおり、12月のユニークビジター数は3200万人だったがものすごい勢いで増えている。Yahoo!は1億2700万人のユニークビジターが12月にサイトを訪れた。


MySpace Visitor.gif

ソース:WSJ:News Corp.'s Murdoch Details MySpace.com Plan

January 10, 2006 in Social Networking | Permalink | Comments (0) | TrackBack

2006.01.09

今日の解説:ロングテール化するミュージック販売ビジネス

 NYタイムス紙のこの記事の冒頭の段落「Working in the media and entertainment group of the consultants McKinsey & Company, Greg Scholl got a firsthand look at the inefficiency in the music business: the major record labels focus on creating hits, and they rarely make money on releases that sell less than a few hundred thousand copies.(大手レコードレーベルのヒットばかりを狙い、数十万枚の販売では赤字になるビジネスモデルの非効率性を肌で感じ・・・)」で引っかかったのだが、これはコンテンツビジネスだけではなく、様々な業種で考えなければならないことだろう。そして、ヒットを狙うというビジネスを止めるということは、広告ビジネスに大きな影響があるということを示唆する。
 ロングテール化するマーケットにおいて、情報のターゲティングはますます最適化されていく。完璧なる情報環境があれば、広告はもはや役割を終えるのだろうか。

January 9, 2006 in Analysis | Permalink | Comments (0) | TrackBack