« CEOブログリスト | Main | Technoratiへの新規投資のニュースにまつわるブログとPRの関係 »

2004.08.25

ファンタジースポーツゲーム:有料コンテンツから広告媒体へ

 

 自らのチームを作って、アメフトやベースボール、バスケットボールなどのリーグで戦うファンタジースポーツゲームは有料コンテンツの一つの成功例として注目されていた。1500万人ファンタージースポーツファンは主に若い男性で、教育レベルも可処分所得も平均的なオンラインユーザーより高く、平均年会費154ドルを払っているという。このファンタジースポーツゲームの人気から、広告主も注目し、Jeep、Reebokなどがスポンサーをはじめ、これによりAOLなどは年会費60ドルで同等のサービスを提供し始めている。

ソース:NYタイムス紙: Fantasy Leagues Attract Money From Advertisers

August 25, 2004 in Games, Online | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00d8353ca71669e2

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジースポーツゲーム:有料コンテンツから広告媒体へ:

Comments