« ナイキ、15人のフィルムメーカーを使ったブログをスタート | Main | ポップアップ広告をブロックする効果は徐々に低下している »

2004.06.04

TV俳優がプロダクトプレースメント広告の番組外の使用についてAbsolutを告訴。

 HBOの人気シリーズ「Sex in the City」の俳優が、番組内で架空のAbsolutウォッカの広告に登場。しかし、この広告が番組以外にも使われたことからAbsolutを告訴した。この架空の広告では、俳優は裸でベッドに寝ていてAbsolutのボトルを股間に置いたもので、Absolutの広告代理店TBWA/Chiat/Dayにより制作された。この広告は番組オンエア時から、Absolutサイトやプレスリリースなどに掲載されたという。俳優側は、この広告はTV番組内でのみの使用で、それ以外は俳優の許可がいる。また、俳優は酒、たばこ、銃の広告には関与するつもりはないという。

ソース: AdAge 'ABSOLUT HUNK' SUES THE VODKA COMPANY OVER AD

織田:プロダクトプレースメントの契約的なところがクリアになっていない例ですね。番組プロデューサー側は、番組の制作費にAbsolutからのお金を使えるでしょうが、俳優側にどれだけそれがプラスとして落ちているのかが気になるところです。

June 4, 2004 in Product Placement | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341bfeba53ef00d83504d61453ef

Listed below are links to weblogs that reference TV俳優がプロダクトプレースメント広告の番組外の使用についてAbsolutを告訴。:

Comments